CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«神奈川県三浦市三戸浜海岸の「サンコロ石」・「天神丸」の現状 | Main | 2017年度・第2回アジア水中考古学研究所・東日本会員連絡会(水中文化遺産研究報告会)»
<< 2017年12月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T.Hayashibara
魚へんの漢字 (03/27) T.Hayashibara
「海底遺跡 新時代」 (03/27) T.Hayashibara
岩淵聡文著『文化遺産の眠る海 水中考古学入門』 (03/27) T.Hayashibara
公開された「神奈川台場」を見てきました (03/27) T.Hayashibara
東京駅・丸の内駅舎の復原 (03/27) T.Hayashibara
和賀江島と座礁 (03/27)
「海底遺跡 新時代」 (09/06) 山本
魚へんの漢字 (08/05) 斎藤 敏行
和賀江島と座礁 (07/29) 安田冨郎
東京駅・丸の内駅舎の復原 (07/08)
最新トラックバック
犬山城 (01/22)
http://blog.canpan.info/ariua/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ariua/index2_0.xml
第3回アジア太平洋地域水中文化遺産会議 [2017年12月04日(Mon)]
11月27日から12月1日に,
第3回アジア太平洋地域水中文化遺産会議が,香港海事博物館で開催されました
http://www.apconf.org/

会議について,第6セッションを主催された岩淵聡文理事から紹介文をいただきましたので,
転載させていただきます.
詳細については,Facebookでも報告をされています.
https://www.facebook.com/Asian-Research-Institute-of-Underwater-Archaeology-ARIUA-%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2%E6%B0%B4%E4%B8%AD%E8%80%83%E5%8F%A4%E5%AD%A6%E7%A0%94%E7%A9%B6%E6%89%80-299782973479347/?hc_ref=ARQTOfDUo4eyjK-frsdof8VsFC4C9vR0IxA-EifM3mmUOCrN69Ac5bFzJRsud1YLcZA

以下,転載記事となります.

我々の第6セッション「東アジア周辺部における水中考古学の歴史と現在の傾向」においては,
14本の優れた論文発表が行われ,同会議中最大のセッションとなることができました.
また,ベスト論文賞も,我々のセッションで発表を実施した王立地理学会のClifford J. Pereira さんへ授与されることになりました.

これもひとえに皆様方のご尽力,ご協力の賜物であると考えております.

第3回アジア太平洋地域水中文化遺産会議については,
12月17日(日)に東京海洋大学で開催の2017年度第2回アジア水中考古学研究所・東日本会員連絡会(水中文化遺産研究報告会)においても,簡単な総括を実施する予定です.

お時間が許せば,是非ご参集下さい.

2020年に開催の第4回アジア太平洋地域水中文化遺産会議の際にも,
また皆様に再会できますことを楽しみにいたしております.

IMG_0637.JPG
http://blog.canpan.info/ariua/archive/805
Posted by T.Hayashibara at 23:34 | 国際学会 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1322470

コメントする
コメント