CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«第3回アジア太平洋地域水中文化遺産会議 | Main
<< 2017年12月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T.Hayashibara
魚へんの漢字 (03/27) T.Hayashibara
「海底遺跡 新時代」 (03/27) T.Hayashibara
岩淵聡文著『文化遺産の眠る海 水中考古学入門』 (03/27) T.Hayashibara
公開された「神奈川台場」を見てきました (03/27) T.Hayashibara
東京駅・丸の内駅舎の復原 (03/27) T.Hayashibara
和賀江島と座礁 (03/27)
「海底遺跡 新時代」 (09/06) 山本
魚へんの漢字 (08/05) 斎藤 敏行
和賀江島と座礁 (07/29) 安田冨郎
東京駅・丸の内駅舎の復原 (07/08)
最新トラックバック
犬山城 (01/22)
http://blog.canpan.info/ariua/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ariua/index2_0.xml
2017年度・第2回アジア水中考古学研究所・東日本会員連絡会(水中文化遺産研究報告会) [2017年12月17日(Sun)]
ここはご案内枠です.日々のブログはこの下からです.

今年度2回目の連絡会(研究報告会)の開催が決まりましたので,お知らせいたします.

2017年度・第2回 アジア水中考古学研究所・東日本会員連絡会(水中文化遺産研究報告会)
日 時:2017年12月17日(日) 13:30〜16:30
場 所:東京海洋大学・越中島キャンパス 3号館4階会議室(405号室)
    http://www.e.kaiyodai.ac.jp/contact.html
 
内  容
1.報 告
 「第3回アジア太平洋地域水中文化遺産会議」報告  岩淵聡文(ARIUA理事)
2.検 討
 『水中遺跡保護の在り方について』(報告) 水中遺跡調査検討委員会・文化庁 を読む
3.水中文化遺産情報交換
 
 今回は,11月末に香港海事博物館で開催される「第3回アジア太平洋地域水中文化遺産会議」の報告と,文化庁が国内の水中文化遺産保護を考えるために2012年から水中遺跡調査検討委員会を組織して検討してきた行政指針が10月末に『水中遺跡保護の在り方について』(報告)として公表されたことを受けて,その内容の検討をします.
 会員以外の方でも参加は可能ですので,この分野に興味がある方は,ぜひご参加ください. 水中文化遺産の情報交換もおこない,水中文化遺産に関する疑問・質問にもお答えします.
 なお,会場準備の関係がありますので,ご参加の方は sea.museum@gmail.com までご連絡をお願いいたします.
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1318550

コメントする
コメント