CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«シンポジウム「水中文化遺産の多様性 - 縄文から龍馬まで - 」 | Main | 2017年度・第1回 アジア水中考古学研究所・東日本会員連絡会(水中文化遺産研究報告会)開催のご案内»
<< 2017年08月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T.Hayashibara
魚へんの漢字 (03/27) T.Hayashibara
「海底遺跡 新時代」 (03/27) T.Hayashibara
岩淵聡文著『文化遺産の眠る海 水中考古学入門』 (03/27) T.Hayashibara
公開された「神奈川台場」を見てきました (03/27) T.Hayashibara
東京駅・丸の内駅舎の復原 (03/27) T.Hayashibara
和賀江島と座礁 (03/27)
「海底遺跡 新時代」 (09/06) 山本
魚へんの漢字 (08/05) 斎藤 敏行
和賀江島と座礁 (07/29) 安田冨郎
東京駅・丸の内駅舎の復原 (07/08)
最新トラックバック
犬山城 (01/22)
http://blog.canpan.info/ariua/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ariua/index2_0.xml
呉市潜水調査記念シンポジウム「海底の戦艦大和」 [2017年08月09日(Wed)]
呉市潜水調査記念シンポジウム「海底の戦艦大和」が開催されます.
現在,呉市海事歴史科学館(大和ミュージアム.広島県呉市)で開催中の
第25回企画展「海底の戦艦大和−呉市潜水調査の成果−」(2016年5月調査)関連の催しものです.
ARIAU会員の井上たかひこさんが講演をされます.

日 時: 9月9日 13:30〜16:00
会 場: くれ絆ホール 呉市中央4-1-6
申込・参加費: 要申込・無料

基調講演 第1部
 『水中考古学の視点から,潜水調査映像をみる』
    井上たかひこ(日本水中考古学調査会会長)

基調講演 第2部
 『近代史の視点から,戦艦「大和」をめぐる社会背景を考える』
    加藤陽子(東京大学教授)

パネルディスカッション
 『潜水調査成果から,戦艦「大和」について考える』

詳細については,科学館のH.P.でご確認ください.
http://yamato-museum.com/info/%E5%91%89%E5%B8%82%E6%BD%9C%E6%B0%B4%E8%AA%BF%E6%9F%BB%E8%A8%98%E5%BF%B5%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%9D%E3%82%B8%E3%82%A6%E3%83%A0/

井上さんは,6月29日版の『読売KODOMO新聞』に水中遺跡とその調査方法についての紹介記事も書かれています.
http://www.yomiuri.co.jp/kodomo/fromeditor/latest/20170628-OYT8T50053.html
Posted by T.Hayashibara at 00:00 | セミナー | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1294032

コメントする
コメント