CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«平成29年度アジア水中考古学研究所総会のお知らせ | Main | 呉市潜水調査記念シンポジウム「海底の戦艦大和」»
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T.Hayashibara
魚へんの漢字 (03/27) T.Hayashibara
「海底遺跡 新時代」 (03/27) T.Hayashibara
岩淵聡文著『文化遺産の眠る海 水中考古学入門』 (03/27) T.Hayashibara
公開された「神奈川台場」を見てきました (03/27) T.Hayashibara
東京駅・丸の内駅舎の復原 (03/27) T.Hayashibara
和賀江島と座礁 (03/27)
「海底遺跡 新時代」 (09/06) 山本
魚へんの漢字 (08/05) 斎藤 敏行
和賀江島と座礁 (07/29) 安田冨郎
東京駅・丸の内駅舎の復原 (07/08)
最新トラックバック
犬山城 (01/22)
http://blog.canpan.info/ariua/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ariua/index2_0.xml
シンポジウム「水中文化遺産の多様性 - 縄文から龍馬まで - 」 [2017年08月08日(Tue)]
九州国立博物館(福岡県太宰府市)で開催中の
特別展示「水の中からよみがえる歴史 - 水中考古学最前線 -」の関連する催しとして,
シンポジウム「水中文化遺産の多様性 - 縄文から龍馬まで - 」
が開催されます.

開催日時:8月26日(土) 13時30分〜17時00分(13時00分開場)
会 場:九州国立博物館1階ミュージアムホール
定 員:先着280名(申し込み不要・参加無料)
問い合わせ先:博物館科学課(佐々木) 092-918-2819

国内外の水中文化遺産関連の講演が3本,
討論会「水中文化遺産の魅力にせまる」が予定されています.

研究者のみならず,一般の方も対象としたシンポジウムとのことです.

詳細は,博物館のH.P.でご確認ください.
http://www.kyuhaku.jp/event/event-170802.html
Posted by T.Hayashibara at 01:41 | セミナー | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1293718

コメントする
コメント