CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«松浦市立水中考古学研究センターが開設されました | Main | セミナー「水中デジタル写真がつくる3次元海底遺跡の世界」のようすをお知らせいただきました»
<< 2017年12月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T.Hayashibara
魚へんの漢字 (03/27) T.Hayashibara
「海底遺跡 新時代」 (03/27) T.Hayashibara
岩淵聡文著『文化遺産の眠る海 水中考古学入門』 (03/27) T.Hayashibara
公開された「神奈川台場」を見てきました (03/27) T.Hayashibara
東京駅・丸の内駅舎の復原 (03/27) T.Hayashibara
和賀江島と座礁 (03/27)
「海底遺跡 新時代」 (09/06) 山本
魚へんの漢字 (08/05) 斎藤 敏行
和賀江島と座礁 (07/29) 安田冨郎
東京駅・丸の内駅舎の復原 (07/08)
最新トラックバック
犬山城 (01/22)
http://blog.canpan.info/ariua/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ariua/index2_0.xml
セミナー「水中デジタル写真がつくる3次元海底遺跡の世界」 [2017年04月19日(Wed)]
東海大学海洋学部(静岡県静岡市)で
水中写真測量関連のセミナーが開催されます.

演 題:「水中デジタル写真がつくる3次元海底遺跡の世界」
講演者: 山舩晃太郎(株式会社アパラティス代表)
日 時: 2017年4月28日(金) 16:30〜18:00
会 場: 東海大学海洋学部清水キャンパス 3号館 3424室
      静岡県静岡市清水区折戸3丁目20−1

参加費: 無料

水中文化遺産調査での写真測量は,限られた調査時間のなかでの遺構測量の方法として有効な手段ですが,まだその方法は試行錯誤をしている状況です.
そのようななか,水中文化遺産調査における写真測量の第一人者である山舩晃太郎さんが,写真測量の現状について報告されます.
興味深いお話が聞けることと思います.質疑応答もありますので,興味がある方はぜひご参加ください.

学生・学内関係者向けのセミナーですが,学外者の参加も可能とのことです.
参加希望者は,事前連絡が必要です.
 [連絡先]onorintaro@gmail.com(小野)
      junkimura@tsc.u-tokai.ac.jp(木村)
  上記どちらかに連絡をお願いします.
 なお,連絡の際はアドレスの「@」を半角に置き換えてください.
Seminar-Final.jpg
Posted by T.Hayashibara at 01:09 | セミナー | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1265271

コメントする
コメント