CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«2016年度・第3回アジア水中考古学研究所東日本会員連絡会が開催されました | Main | 松浦市立水中考古学研究センターが開設されました»
<< 2017年12月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T.Hayashibara
魚へんの漢字 (03/27) T.Hayashibara
「海底遺跡 新時代」 (03/27) T.Hayashibara
岩淵聡文著『文化遺産の眠る海 水中考古学入門』 (03/27) T.Hayashibara
公開された「神奈川台場」を見てきました (03/27) T.Hayashibara
東京駅・丸の内駅舎の復原 (03/27) T.Hayashibara
和賀江島と座礁 (03/27)
「海底遺跡 新時代」 (09/06) 山本
魚へんの漢字 (08/05) 斎藤 敏行
和賀江島と座礁 (07/29) 安田冨郎
東京駅・丸の内駅舎の復原 (07/08)
最新トラックバック
犬山城 (01/22)
http://blog.canpan.info/ariua/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ariua/index2_0.xml
横浜市みなと博物館と横浜市立中央図書館での企画展示 [2017年03月23日(Thu)]
横浜市内で開催中の水中文化遺産関連の企画展についてご紹介します.

1.横浜市みなと博物館 
企画展:「海難と救助−信仰からSOSへ−」

会 期: 2月18日(土)−4月16日(日) 
http://www.nippon-maru.or.jp/port-museum/exhibition.html

2.横浜市立中央図書館
企画展:「海図の世界」

会 期: 3月22日(水)−4月16日(日) 
http://www.city.yokohama.jp/ne/news/press/201703/images/phpTZUSzr.pdf

いずれの企画展も水中文化遺産そのものを展示するものではありませんが,
海難と海図はいずれも水中文化遺産と関連深い事案です.
また,海図は海難防止のためにつくられた,という経緯もあります.

水中文化遺産を理解するうえでも見ておきたい展示会です.
Posted by T.Hayashibara at 22:12 | 展覧会 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1259165

コメントする
コメント