CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«国立ハンセン病資料館の調査見学に行って思ったこと | Main | 横浜市歴史博物館・神奈川大学日本常民文化研究所主催展覧会「和船と海運」»
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T.Hayashibara
魚へんの漢字 (03/27) T.Hayashibara
「海底遺跡 新時代」 (03/27) T.Hayashibara
岩淵聡文著『文化遺産の眠る海 水中考古学入門』 (03/27) T.Hayashibara
公開された「神奈川台場」を見てきました (03/27) T.Hayashibara
東京駅・丸の内駅舎の復原 (03/27) T.Hayashibara
和賀江島と座礁 (03/27)
「海底遺跡 新時代」 (09/06) 山本
魚へんの漢字 (08/05) 斎藤 敏行
和賀江島と座礁 (07/29) 安田冨郎
東京駅・丸の内駅舎の復原 (07/08)
最新トラックバック
犬山城 (01/22)
http://blog.canpan.info/ariua/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ariua/index2_0.xml
水中文化遺産関連の情報 [2017年01月14日(Sat)]
展覧会・フォーラム等の水中文化遺産関連の情報をお知らせいたします.

日中韓文化遺産フォーラム「水中文化遺産の保護と活用」
日時:2月12日(日) 10:00〜15:45
場所:九州国立博物館 ミュージアムホール
主催:文化庁・九州国立博物館
入場無料・要事前申込
詳細は,文化庁H.P.でご確認ください.
http://www.bunka.go.jp/koho_hodo_oshirase/hodohappyo/2017010501.html

ロマノフ王朝展−日本人の見たロシア,ロシア人の見た日本−
会期:1月7日(土)〜4月9日(日)
場所:東洋文庫ミュージアム
幕末の資料を多く展示しているようです.
ディアナ号理解のためにも興味深い展示会です.
詳細は,チラシでご確認ください.
http://www.toyo-bunko.or.jp/museum/romanov.pdf

石展2 かながわの大地が生み出した石材
会期:2月26日(日)まで
場所:神奈川県立生命の星・地球博物館
展示内容をそのまま表したストレートな名称の展示会です.
昨年,神奈川県立博物館で開催された同名の展示館の続編です.
前回の展示が,石と人との関連を主題としてものですが,今回は石そのものの特徴や産出場所に主題をおいたものとなっています.
水中文化遺産とは直接の関係はありませんが,水中に残されることも多い「石」を理解するうえでは興味深い展示会です.
詳細は,博物館のH.P.でご確認ください.
http://nh.kanagawa-museum.jp/exhibition/special/ex139.html

発掘された日本列島2017展
会期:6月〜
場所:江戸東京博物館ほか
特集として,これまで調査された「水中遺跡」から引き揚げられた遺物が展示されるとのことです.
Posted by T.Hayashibara at 06:26 | 展覧会 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント