CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«石井 忠『ビーチコーミングをはじめよう 〈海辺の漂着物さがし〉』 | Main | 『月刊文化財』最新号(7月号・634号)・「特集 水中遺跡の保護」»
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T.Hayashibara
魚へんの漢字 (03/27) T.Hayashibara
「海底遺跡 新時代」 (03/27) T.Hayashibara
岩淵聡文著『文化遺産の眠る海 水中考古学入門』 (03/27) T.Hayashibara
公開された「神奈川台場」を見てきました (03/27) T.Hayashibara
東京駅・丸の内駅舎の復原 (03/27) T.Hayashibara
和賀江島と座礁 (03/27)
「海底遺跡 新時代」 (09/06) 山本
魚へんの漢字 (08/05) 斎藤 敏行
和賀江島と座礁 (07/29) 安田冨郎
東京駅・丸の内駅舎の復原 (07/08)
最新トラックバック
犬山城 (01/22)
http://blog.canpan.info/ariua/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ariua/index2_0.xml
「3万年前航海 徹底再現プロジェクト」実験航海始まる [2016年07月18日(Mon)]
このブログでも取り上げた人類の台湾から沖縄に渡った航海を再現する,
国立科学博物館の「3万年前航海 徹底再現プロジェクト」,始まりました.

悪海況で出航が遅れていましたが,昨日午前7時前に2隻の草舟が,
与那国島・カタブル浜を出航しました.

今年は,与那国島から西表島間の約75kmの実験航海.

予想以上の潮の流れやうねりで,苦労されたようで,夜間航海は危険なため中断されました.
やはり,この航海の最大の敵は,自然です.

今朝は,午前7時前に中断地点(西表島沖合約10km)から航海が再会されたとのことです.
順調にいけば,正午すぎに到着予定地の西表島・シラス浜に到着予定とのことです.

とりあえずは事故なく,無事に到着してほしいですね.

プロジェクトのようすについては,
Facebook
 https://www.facebook.com/koukaiproject/
朝日新聞の特設サイト
 http://www.asahi.com/special/timeline/201607-3mannen/
で確認できます.

追記   13:40
2隻の草船は,11時に西表島に到着したとのことです.

事故もなく到着でき,関係者の皆さんも安堵したこと思います.

振り返りはこれからでしょうが,
課題はいろいろとありそうです.
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント