CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«「3万年前の航海 徹底再現プロジェクト」実現なるか! | Main | 第8回世界考古学会議京都大会(WAC-8 KYOTO)»
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T.Hayashibara
魚へんの漢字 (03/27) T.Hayashibara
「海底遺跡 新時代」 (03/27) T.Hayashibara
岩淵聡文著『文化遺産の眠る海 水中考古学入門』 (03/27) T.Hayashibara
公開された「神奈川台場」を見てきました (03/27) T.Hayashibara
東京駅・丸の内駅舎の復原 (03/27) T.Hayashibara
和賀江島と座礁 (03/27)
「海底遺跡 新時代」 (09/06) 山本
魚へんの漢字 (08/05) 斎藤 敏行
和賀江島と座礁 (07/29) 安田冨郎
東京駅・丸の内駅舎の復原 (07/08)
最新トラックバック
犬山城 (01/22)
http://blog.canpan.info/ariua/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ariua/index2_0.xml
東京湾第二海堡と『蘇る金狼』 [2016年04月02日(Sat)]
映画『蘇る金狼』(1979)で,「東京湾第二海堡」がロケ地に使われています.

荒廃したようすが,よくわかります.
https://www.youtube.com/watch?v=_htvhwDFlJI

2005年に禁止されるまでは、誰でも自由に上陸ができたそうで,

ロケ地として,『蘇る金狼』のほかにも多くの映画やPVに登場しています.

現在は、所有者の国交省によりプロテクトされ,再整備の名の元に改変が進んでいます.

第二海堡の現状については,このブログでも紹介をしていますので,そちらもご覧ください.
http://blog.canpan.info/ariua/archive/595

ちなみに第二海堡は,第一海堡(財務省管轄)とともに文化財保護法の埋蔵文化財包蔵地として島全体が「遺跡台帳」(千葉県富津市)に搭載されています.

なお,東京湾海堡は3基建設されましたが,現存するのは第一・第二のみで,
第三(神奈川県横須賀市)は,海上交通の障害となっていたことから,
2007(平成19)年に,海上構築物がすべて撤去されました.

遺構の一部は,国土交通省関東地方整備局東京湾口航路事務所・追浜展示施設(横須賀市夏島町)とうみかぜ公園(横須賀市平成町)に保管・展示されています.
http://www.pa.ktr.mlit.go.jp/wankou/history/index5.htm

再整備工事にともなう調査に関しては,

『富津市富津第二海堡跡調査報告書』

国土交通省関東地方整備局東京湾口航路事務所 2014.9


が,刊行されています.
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント