CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«日本船舶海洋工学会・第16回海洋教育フォーラム「海洋考古学からみた海・船・人」が開催されます | Main | 初島の調査が終了しました»
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T.Hayashibara
魚へんの漢字 (03/27) T.Hayashibara
「海底遺跡 新時代」 (03/27) T.Hayashibara
岩淵聡文著『文化遺産の眠る海 水中考古学入門』 (03/27) T.Hayashibara
公開された「神奈川台場」を見てきました (03/27) T.Hayashibara
東京駅・丸の内駅舎の復原 (03/27) T.Hayashibara
和賀江島と座礁 (03/27)
「海底遺跡 新時代」 (09/06) 山本
魚へんの漢字 (08/05) 斎藤 敏行
和賀江島と座礁 (07/29) 安田冨郎
東京駅・丸の内駅舎の復原 (07/08)
最新トラックバック
犬山城 (01/22)
http://blog.canpan.info/ariua/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ariua/index2_0.xml
初島沖海底遺跡の調査をおこないます [2015年11月14日(Sat)]
今年度の朝日新聞文化財団・文化財保護助成の対象事業
初島沖海底遺跡の調査を11月27日(金)〜12月1日(火)に実施します.


初島沖海底遺跡は,これまでの調査で江戸時代の江戸城もしくは幕府関連施設用の屋根瓦を積載した廻船が沈没した遺跡です.

調査は,東京海洋大学の協力を得て工学機器を使用した遺構詳細図(検出状況図)を作成する実験をおこないます.

初島海底遺跡のこれまでの調査は,遺構観察が主でしたので,
遺構詳細図の作成は初めてとなります.
遺跡を正しく評価するには,遺構詳細図の作成は不可欠ですので,今回の調査の意義には大きいものがあります.

調査のようすについては,当ブログで随時お知らせします.
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント