CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«平成27年度(2015)アジア水中考古学研究所総会 | Main | 今朝の 朝日新聞・土曜版「be」»
<< 2019年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T.Hayashibara
魚へんの漢字 (03/27) T.Hayashibara
「海底遺跡 新時代」 (03/27) T.Hayashibara
岩淵聡文著『文化遺産の眠る海 水中考古学入門』 (03/27) T.Hayashibara
公開された「神奈川台場」を見てきました (03/27) T.Hayashibara
東京駅・丸の内駅舎の復原 (03/27) T.Hayashibara
和賀江島と座礁 (03/27)
「海底遺跡 新時代」 (09/06) 山本
魚へんの漢字 (08/05) 斎藤 敏行
和賀江島と座礁 (07/29) 安田冨郎
東京駅・丸の内駅舎の復原 (07/08)
最新トラックバック
犬山城 (01/22)
http://blog.canpan.info/ariua/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ariua/index2_0.xml
東京海洋大学・海洋科学部(品川キャンパス)のオープンキャンパス [2015年07月23日(Thu)]
8月1日(土)に,東京海洋大学・海洋科学部(品川キャンパス)でオープンキャンパスが開催されます.

当日,大学院海洋科学技術研究科准教授で,ARIUA会員でもある中田達也さんが模擬講義を担当されます.
講義内容は,「沈没船をめぐるドラマと法による保護〜日本の象徴的な4つの事例から」

面白そうな内容です.

このほかにも,海洋大学ならではの体験学習や模擬講義がたくさんここなわれます.

体長17.1mある完全な骨格標本としては世界最大級のセミクジラの全身骨格も見られます.
http://www.s.kaiyodai.ac.jp/museum/public_html/whalegallery.html

オープンキャンパスですが,興味がある方は以下のサイトで詳細をご確認ください.
http://www.kaiyodai.ac.jp/admission-cms/gakubu/opencampus/22029.html
Posted by T.Hayashibara at 23:06 | セミナー | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント