CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«鷹島海底遺跡,現地調査3日目 | Main | 鷹島海底遺跡,現地調査5日目»
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T.Hayashibara
魚へんの漢字 (03/27) T.Hayashibara
「海底遺跡 新時代」 (03/27) T.Hayashibara
岩淵聡文著『文化遺産の眠る海 水中考古学入門』 (03/27) T.Hayashibara
公開された「神奈川台場」を見てきました (03/27) T.Hayashibara
東京駅・丸の内駅舎の復原 (03/27) T.Hayashibara
和賀江島と座礁 (03/27)
「海底遺跡 新時代」 (09/06) 山本
魚へんの漢字 (08/05) 斎藤 敏行
和賀江島と座礁 (07/29) 安田冨郎
東京駅・丸の内駅舎の復原 (07/08)
最新トラックバック
犬山城 (01/22)
http://blog.canpan.info/ariua/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ariua/index2_0.xml
鷹島海底遺跡,現地調査4日目 [2014年08月21日(Thu)]
今朝は,やや風がありましたが,調査開始以来初めての晴天
現地はやや波がある状態でしたが,調査は可能な状況でしたので,
予定どおり,調査を始めました.

水中は,日が差し込む状態でしたので,明るく,透明度も良い状況でした.
DSCN0222.jpg
           朝の海のようす

しかし,午前中1回目の調査が終了して,調査員が船にあがると天候が急変し,
空がみるみる暗くなり,雨が降り出し,風も強くなり,海面も荒れてきました

すぐに調査を中断し,基地港へ戻りました.
船をおりると,雨はさらに強くなり,雷鳴も.
DSCN0238.jpg
       天候の急変で,雨・風が強くなった状況

天候の回復も見込めない状態でしたので,午前中の作業をすべて中止し,
鷹島埋蔵文化財センターへ戻り,午後の作業にそなえました.

幸いに,午後は天候が回復し,予定通りの作業を終えることができました.
DSCN0262.jpg
       天候が回復し,海況も落ち着いた状況

今日のような天候の急変時,海の調査では判断を誤ると事故につながりますので,
早めの的確な判断が必要です.
海の調査では,陸上以上に天候にたいする配慮・判断が必要です.

それにしても,今回の調査は,天候に恵まれません.
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント