CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«2013年度・第3回アジア水中考古学研究所 関東・東北会員連絡会(研究報告会)開催のお知らせ | Main | 海底の根府川駅»
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T.Hayashibara
魚へんの漢字 (03/27) T.Hayashibara
「海底遺跡 新時代」 (03/27) T.Hayashibara
岩淵聡文著『文化遺産の眠る海 水中考古学入門』 (03/27) T.Hayashibara
公開された「神奈川台場」を見てきました (03/27) T.Hayashibara
東京駅・丸の内駅舎の復原 (03/27) T.Hayashibara
和賀江島と座礁 (03/27)
「海底遺跡 新時代」 (09/06) 山本
魚へんの漢字 (08/05) 斎藤 敏行
和賀江島と座礁 (07/29) 安田冨郎
東京駅・丸の内駅舎の復原 (07/08)
最新トラックバック
犬山城 (01/22)
http://blog.canpan.info/ariua/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ariua/index2_0.xml
2013年度・第3回アジア水中考古学研究所 関東・東北会員連絡会が開催されました [2014年02月02日(Sun)]
昨日開催された
2013年度・第3回アジア水中考古学研究所 関東・東北会員連絡会(研究報告会)は,
多くの方に参加していただき,盛会で終えることができました.

長井宣子会員の発表「水中文化遺産としての品川御台場」
では,品川御台場を水中文化遺産の視点からとらえ,
その歴史,構築方法,保存・活用と多岐にわたる内容を報告されました.
参加者の多くが目にしたことのある史跡であったこと,
水中文化遺産ととらえた斬新さもあったのか,
多くの質問がだされ,関心の高さが伺われました.

山本祐司会員の「記録写真で見る水中文化遺産」では,
山本会員が各地の調査で撮影された多数の水中文化遺産の現状および調査写真を
用意していただき,見てもらうことができました.
身近な場所もふくめて,各地に水中文化遺産があることを,
そして,水中での調査状況の写真では,陸上を変わらない調査をしているとも理解していただいたことと思います.

発表の後におこなった水中文化遺産情報交換では,
多くの方から水中文化遺産やその調査・研究方法にたいする質問がだされました.

今回は,これまで以上の参加者があり,
そのなかでも学生の参加がより多く,彼らが疑問点をぶつけてくれたことは,
今後のことを考えると非常に有意義なことあったと思います.

今後に弾みもついた今回の連絡会でした.


両表者および参加された皆さま,お疲れさまでした.

CIMG5467.jpg
Posted by T.Hayashibara at 23:17 | セミナー | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント