CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«「世界遺産」,朝日新聞の社説から | Main | 東南アジア考古学会研究大会「東南アジア水中考古学最前線」 から(3)»
<< 2019年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T.Hayashibara
魚へんの漢字 (03/27) T.Hayashibara
「海底遺跡 新時代」 (03/27) T.Hayashibara
岩淵聡文著『文化遺産の眠る海 水中考古学入門』 (03/27) T.Hayashibara
公開された「神奈川台場」を見てきました (03/27) T.Hayashibara
東京駅・丸の内駅舎の復原 (03/27) T.Hayashibara
和賀江島と座礁 (03/27)
「海底遺跡 新時代」 (09/06) 山本
魚へんの漢字 (08/05) 斎藤 敏行
和賀江島と座礁 (07/29) 安田冨郎
東京駅・丸の内駅舎の復原 (07/08)
最新トラックバック
犬山城 (01/22)
http://blog.canpan.info/ariua/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ariua/index2_0.xml
「鷹島で海底遺跡保存を議論」読売新聞の記事から [2012年11月27日(Tue)]
今朝の読売新聞・長崎版に
「鷹島で海底遺跡保存を議論」
という記事が掲載されていました.
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/nagasaki/news/20121126-OYT8T01551.htm

国史跡に指定された「鷹島神崎遺跡」の保存活用計画を策定する委員会が議論を始め
来年度末までに保存・活用方針を盛り込んだ計画を国に提出する,
とのことです.

このような「水中文化遺産」の保存・活用に関する本格的な議論は,
近年ではなかったことです.

船体引き揚げに関することも論題になるるようですが,
引き揚げが目的になるような目先のことに関する議論ではなく
ぜひ,遺跡のことを長いスパンで考えた
他の水中文化遺産にたいして良い前例になるような議論をしていただきたいと思います.

トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント