CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«東南アジア考古学会研究大会「東南アジア水中考古学最前線」 から(2) | Main | 「鷹島で海底遺跡保存を議論」読売新聞の記事から»
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T.Hayashibara
魚へんの漢字 (03/27) T.Hayashibara
「海底遺跡 新時代」 (03/27) T.Hayashibara
岩淵聡文著『文化遺産の眠る海 水中考古学入門』 (03/27) T.Hayashibara
公開された「神奈川台場」を見てきました (03/27) T.Hayashibara
東京駅・丸の内駅舎の復原 (03/27) T.Hayashibara
和賀江島と座礁 (03/27)
「海底遺跡 新時代」 (09/06) 山本
魚へんの漢字 (08/05) 斎藤 敏行
和賀江島と座礁 (07/29) 安田冨郎
東京駅・丸の内駅舎の復原 (07/08)
最新トラックバック
犬山城 (01/22)
http://blog.canpan.info/ariua/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ariua/index2_0.xml
「世界遺産」,朝日新聞の社説から [2012年11月26日(Mon)]
昨日(24日)の朝日新聞の社説
「世界遺産40年―日本も観光より保護を」

昨今ブームといえるような状況になっている
「世界遺産」への警鐘
が書かれています.

「世界遺産条約」の本来の目的は,
「国際協力を通じて遺産を保護すること」です.

それがいつの間にか,本来の目的が棚上げにされ,
「観光の楽しみや経済効果を期待するばかり」

の状況になってしまっているという.

たしかに,近年の「世界遺産」をめぐる状況は,
異常ともいえる状況に見えます.
観光・経済効果という目的のために「世界遺産」というブランドを得る.
そのための,地域をあげての運動(というかたちをとっている).
それも多くはトップダウンのかたちで.

とくに日本のばあいは,本当に地域が求めているのかと,
疑いたくなる状況も見え隠れします.

まるで,オリンピック招致活動のよう.
大きなお金も動くのでしょう.

ユネスコは,「増えすぎた」世界遺産の制御するために,
各国の登録件数の上限を設ける議論もされている,といいます.

何か,変ですね.

本来の目的を今一度確認し,
本当に「世界遺産」への登録が必要なのか,
考えるときにきているのではないでしょうか.


そんなことを考えさせる記事です.
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント