CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«東南アジア考古学会 2012年度研究大会 | Main | 東南アジア考古学会研究大会「東南アジア水中考古学最前線」»
<< 2019年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T.Hayashibara
魚へんの漢字 (03/27) T.Hayashibara
「海底遺跡 新時代」 (03/27) T.Hayashibara
岩淵聡文著『文化遺産の眠る海 水中考古学入門』 (03/27) T.Hayashibara
公開された「神奈川台場」を見てきました (03/27) T.Hayashibara
東京駅・丸の内駅舎の復原 (03/27) T.Hayashibara
和賀江島と座礁 (03/27)
「海底遺跡 新時代」 (09/06) 山本
魚へんの漢字 (08/05) 斎藤 敏行
和賀江島と座礁 (07/29) 安田冨郎
東京駅・丸の内駅舎の復原 (07/08)
最新トラックバック
犬山城 (01/22)
http://blog.canpan.info/ariua/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ariua/index2_0.xml
「水中遺跡,重点調査へ」朝日新聞の記事から [2012年11月13日(Tue)]
昨日(11/12)の朝日新聞・夕刊の文化欄に,
「水中遺跡,重点調査へ」という見出しが.
小さな記事でしたが,文化庁の水中文化遺産にたいする来年度以降の取り組みについての報告がされていました.

記事には,先にこのblogでも紹介した,
文化庁が来年度に「水中文化遺産研究費」の概算要求を決めたとということの
その具体的な内容について書かれています.

「調査技術,引き揚げた遺物や遺跡自体の保存技術,保存のための法整備など発展途上のため,イタリアやフランスなどの事例から研究する.遺跡の活用例も調べる」
「2015年度をめどに,全国の水中遺跡を調査し,各遺跡の特徴を整理する」

そうです.

国もようやく重い腰をあげるようです.
期待....しましょう.
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント