CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«水中文化遺産調査は,お金がかかる? | Main | 日本は遅れている?»
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T.Hayashibara
魚へんの漢字 (03/27) T.Hayashibara
「海底遺跡 新時代」 (03/27) T.Hayashibara
岩淵聡文著『文化遺産の眠る海 水中考古学入門』 (03/27) T.Hayashibara
公開された「神奈川台場」を見てきました (03/27) T.Hayashibara
東京駅・丸の内駅舎の復原 (03/27) T.Hayashibara
和賀江島と座礁 (03/27)
「海底遺跡 新時代」 (09/06) 山本
魚へんの漢字 (08/05) 斎藤 敏行
和賀江島と座礁 (07/29) 安田冨郎
東京駅・丸の内駅舎の復原 (07/08)
最新トラックバック
犬山城 (01/22)
http://blog.canpan.info/ariua/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ariua/index2_0.xml
朝日新聞で,「水中文化遺産」「水中考古学」の連載記事はじまる [2012年08月27日(Mon)]
『朝日新聞』今日の夕刊から,
「海底遺跡新時代」という連載がはじまりました.


第2総合面で4回の連載だそうです.
「海の歴史遺産と,どう付き合っていくべきなのか.海外の事例を交えて追う」
とのことです.

今日,第1回は問題提起としての「鷹島」です.

このように「水中文化遺産」「水中考古学」に関する全国紙での連載は,
あまり例がないものと思いますので,今後の展開が楽しみです.

執筆は,西部本社の中村俊介さんです.
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント