CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«小豆島で沈没船? | Main | 水中文化遺産の勉強会を開催します»
<< 2017年02月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T.Hayashibara
魚へんの漢字 (03/27) T.Hayashibara
「海底遺跡 新時代」 (03/27) T.Hayashibara
岩淵聡文著『文化遺産の眠る海 水中考古学入門』 (03/27) T.Hayashibara
公開された「神奈川台場」を見てきました (03/27) T.Hayashibara
東京駅・丸の内駅舎の復原 (03/27) T.Hayashibara
和賀江島と座礁 (03/27)
「海底遺跡 新時代」 (09/06) 山本
魚へんの漢字 (08/05) 斎藤 敏行
和賀江島と座礁 (07/29) 安田冨郎
東京駅・丸の内駅舎の復原 (07/08)
最新トラックバック
犬山城 (01/22)
http://blog.canpan.info/ariua/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ariua/index2_0.xml
「水中考古学」と「水中遺跡」,そして「水中考古学者」 [2012年07月29日(Sun)]
昨日ラジオを聴いていると,「水中考古学」の話題が.
ゲストの方が,「水中考古学者」という肩書きをもつという.

その方については,
お名前を聞いたことはありますが,
それはあくまでもダイバーとしてで,「水中考古学者」としてではありません.
これまでに多くの水中活動に尽力された方で,海洋文化に造詣が深いことも存じています.
また,海底で遺構状のものの発見を報告されたり,
沈没船の調査?にもかかわってはいらっしゃる方ですが,
少なくともフォーマルな「考古学者」あるいは「考古学研究者」ではないと認識しています.

番組では「水中考古学」「水中遺跡」という用語が何回もでてきましたが,
かなりの違和感をもって聴いていました.

ゲストの方はもちろん,パーソナリティも「水中考古学」を
「考古学」の一分野であるとの認識はないものと感じました.
「水中考古学」と「考古学」は,別の学問ととらえている,のでしょう.

ただし,これは多くの方が感じている「水中考古学」にたいする認識かと,思います.
ですので,今回の放送を聴いた聴取者が,
さらに,誤解するのではにあかとの懸念があります.

それに,ゲスト方の言う「水中考古学」は,その話を伺う限り,
対象は「沈没船」のみで,調査は「水中考古学」に名を借りた遺物引揚げ行為です.
「考古学」ではありません.

ゲストの方には,そのような認識はないのかもしれませんが,
考古学研究者からみれば,「トレジャーハンター」です.

水中考古学」が対象とするモノも,あくまでも人が作ったモノです.
陸上に残されたモノと何ら変わるものではありません.
ですので,遺構や遺物へのアプローチや取り扱い方法,その分析方法等については,
「考古学」を理解し,問題意識をもっていないと,できません.
学問としての「考古学」を学ばないとできなのです.

「水中考古学」や「水中遺跡」という用語は,
今やかなりの誤解や先入観をもって使われ,認識をされています.


この誤解を解くために,私も尽力してきたつもりですが,
今回のような番組(ラジオ・テレビ)や誤解をまねく内容の書籍が,
放送・出版されるたびに,誤解が助長される現状があり,
これにたいして,無力ささえ感じています.

これが,研究者にさえも浸透し,
「水中考古学」=「考古学」ではない(学問的な裏付けのない,単なる遺物引揚げ),
という認識になってもいる現状もあります.

そのために,最近では「水中考古学」や「水中遺跡」という用語は使わないほうが良いのではないか
とさえ,思っています.

また,そもそも「水中考古学」を「考古学」の一分野であると考えれば,
「水中考古学者」などは,存在はしないのではないでしょうか.

一般の方にはわかりやすい用語かもしれませんが,
「考古学」の研究者は,通常「考古学者」あるいは「考古学研究者」と言われ,
そのなかで「〜の専門家」とは呼ばれますが,「〜考古学者」とは呼ぶことはほとんどありあません.
このことからも「水中考古学」の特異性がみてとれます.

私自身も「水中考古学者」と呼ばれることはありますが,これは本意ではありません.
ですので,自ら「水中考古学者」と名乗る人を,私はにわかに信じることはできません.

ラジオ番組の感想から,長々と書きましたが,
やはり,この分野のことを正しく知っていただくことは,
地道に正しく発進していくこと以外にはないのでしょうか?

マスコミなどによる中途半端な理解による情報発信,一度考えて欲しいですね.
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/728376

コメントする
コメント