CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«鷹島海底遺跡で,今年度の調査が始まりました | Main | 『旅する長崎学』「蒙古襲来 神風の島 鷹島 −水中考古学が語るもの−」が開催されます»
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T.Hayashibara
魚へんの漢字 (03/27) T.Hayashibara
「海底遺跡 新時代」 (03/27) T.Hayashibara
岩淵聡文著『文化遺産の眠る海 水中考古学入門』 (03/27) T.Hayashibara
公開された「神奈川台場」を見てきました (03/27) T.Hayashibara
東京駅・丸の内駅舎の復原 (03/27) T.Hayashibara
和賀江島と座礁 (03/27)
「海底遺跡 新時代」 (09/06) 山本
魚へんの漢字 (08/05) 斎藤 敏行
和賀江島と座礁 (07/29) 安田冨郎
東京駅・丸の内駅舎の復原 (07/08)
最新トラックバック
犬山城 (01/22)
http://blog.canpan.info/ariua/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ariua/index2_0.xml
鞆の浦の埋立て・架橋事業中止へ [2012年06月22日(Fri)]
建設か,景観を守るか,で長い間,協議が続いていた
鞆の浦埋立て・架橋事業」にたいして,
その最終判断を任せられていた広島県知事が,
計画を中止する方針を固めたとのことです.

これで,「埋立て・架橋事業」計画は白紙となり,
新たな局面を迎えることとなります.

知事の英断には,敬意を表します.
約30年かかりました.

確かに,現地に行くと,
その景観の美しさを実感しますし,
「何で,この海を.....」とも感じます.
1024px-Sensuizima-2.jpg
       鞆の浦近景(Wikipediaより)

反面,旧くからの港町特有の狭い道,細かくクランク状に巡る道も実感します.
生活道路の整備の必要さも感じます.

ただし,代替え案があったにもかかわらず,
なぜ,埋立て・架橋,だったのか,
という疑問も感じます


知事も言っていましたが,これからが大切です.
景観は残されることとなりましたが,
人びとの暮らしは,まだ,改善されていません.
これまで約03年という長い間,ある意味放って置かれたのですから.

前向きの協議により,
より良い形になれば,と思っています.

とりあえずは,あの景観が守られたことには,
一安心をしています.
Setostamp1939.JPG
       切手になった鞆の浦(Wikipediaより)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント