CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«北海道新聞の記事 | Main | 東京湾第一・第二海堡 海上視察»
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T.Hayashibara
魚へんの漢字 (03/27) T.Hayashibara
「海底遺跡 新時代」 (03/27) T.Hayashibara
岩淵聡文著『文化遺産の眠る海 水中考古学入門』 (03/27) T.Hayashibara
公開された「神奈川台場」を見てきました (03/27) T.Hayashibara
東京駅・丸の内駅舎の復原 (03/27) T.Hayashibara
和賀江島と座礁 (03/27)
「海底遺跡 新時代」 (09/06) 山本
魚へんの漢字 (08/05) 斎藤 敏行
和賀江島と座礁 (07/29) 安田冨郎
東京駅・丸の内駅舎の復原 (07/08)
最新トラックバック
犬山城 (01/22)
http://blog.canpan.info/ariua/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ariua/index2_0.xml
タイタニック号の石炭 [2012年06月11日(Mon)]
タイタニック号から、引き揚げられた「石炭」
オークションサイトで、購入できるそうです。

先日、骨董好きの友人が購入した、というので見せてもらいました。

タイタニックのロゴがついた小箱に入った可愛らしいものでした。
サイズは、大小あるとのこと。
IMG_1500.JPG

RMSタイタニック社が販売に関与しているもので、
米国巡回裁判所にて、人工物ではないので販売は可
という判決を1990年代に受けているそうです。

ですので、あくまでも「合法」的な販売、とのことのようです。

日本では、遺跡から出土したばあい、どのような扱いになるのでしょうか。
手元にある行政発行の「出土品取り扱い区分基準表」によれば、
「石炭」という記載はありませんが、化石燃料ですので、
「遺跡に人為的に持ち込まれた自然遺物」
に区分されるものでしょうか。

とすれば、「原則として保存」するものとなります。
ただし、多量にあるばあいは「必要な記録を取った上で一定量のみを保存する」
こととなります。

いずれにしても行政の判断は必要ですが、
文化財となるモノのようです。

販売することは,できませんね。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント