CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«『ガリレオX』「海底に沈んだタイムカプセル 水中考古学の世界」 | Main | 『ガリレオX』»
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T.Hayashibara
魚へんの漢字 (03/27) T.Hayashibara
「海底遺跡 新時代」 (03/27) T.Hayashibara
岩淵聡文著『文化遺産の眠る海 水中考古学入門』 (03/27) T.Hayashibara
公開された「神奈川台場」を見てきました (03/27) T.Hayashibara
東京駅・丸の内駅舎の復原 (03/27) T.Hayashibara
和賀江島と座礁 (03/27)
「海底遺跡 新時代」 (09/06) 山本
魚へんの漢字 (08/05) 斎藤 敏行
和賀江島と座礁 (07/29) 安田冨郎
東京駅・丸の内駅舎の復原 (07/08)
最新トラックバック
犬山城 (01/22)
http://blog.canpan.info/ariua/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ariua/index2_0.xml
日本考古学協会第78回(2012年度)総会・図書交換会に参加します [2012年05月23日(Wed)]
今週末の27日(日)に立正大学・大崎キャンパスで開催される
日本考古学協会第78回(2012年度)総会・図書交換会に
アジア水中考古学研究所が参加します。


研究誌『水中考古学研究』をはじめとした研究所刊行の冊子を販売します。

総会は、26日(土)・27日(日)の2日間にわたりに開催され、
26日は、総会と坂誥秀一先生(立正大学名誉教授)による公開講演会、「板碑研究の最前線」(セッション)が開催され,
27日(日)に研究発表会と図書交換会が開催されます。

国内および国内研究者がかかわった国外の考古学成果の最新成果が発表されます。
図書交換会では、一般図書のほか、なかなか手に入りにくい全国の発掘調査報告書・研究誌・同人誌が一同にそろい、購入できます

林原も「水中文化遺産データベース」の発表をおこないます。

どなたでも、参加できます。
参加費も無料です。

関心がある方は、ぜひ、ご参加ください。

詳細は,日本考古学協会のH.P.でご確認ください。
http://archaeology.jp/index.htm
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント