CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«水中考古学関連番組が放映されます | Main | 日本考古学協会第78回(2012年度)総会・図書交換会に参加します»
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T.Hayashibara
魚へんの漢字 (03/27) T.Hayashibara
「海底遺跡 新時代」 (03/27) T.Hayashibara
岩淵聡文著『文化遺産の眠る海 水中考古学入門』 (03/27) T.Hayashibara
公開された「神奈川台場」を見てきました (03/27) T.Hayashibara
東京駅・丸の内駅舎の復原 (03/27) T.Hayashibara
和賀江島と座礁 (03/27)
「海底遺跡 新時代」 (09/06) 山本
魚へんの漢字 (08/05) 斎藤 敏行
和賀江島と座礁 (07/29) 安田冨郎
東京駅・丸の内駅舎の復原 (07/08)
最新トラックバック
犬山城 (01/22)
http://blog.canpan.info/ariua/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ariua/index2_0.xml
『ガリレオX』「海底に沈んだタイムカプセル 水中考古学の世界」 [2012年05月14日(Mon)]
昨日(13日)に、放映された
『ガリレオX』「海底に沈んだタイムカプセル 水中考古学の世界」(BSフジ)
をご覧になられましたでしょうか?

30分のなかに、日本の水中文化遺産・水中考古学の実情を
コンパクトにうまくまとまえられた内容だったと思います。

とくに、西谷先生のコメントは、
今後の日本の水中文化遺産や水中考古学の取り巻く環境にたいして、
いろいろな意味で刺激的なものでした。

今後の周知や理解を考えれば、
情報発信には良い番組であったと思います。

番組を観られた感想をいただけましたら、
幸いです。

番組を観られていない方、観のがされた方は、
来週の日曜日(19日)の同時刻に再放送がありますので、
観られる環境にある方は、ぜひ、観てください。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント