CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«神奈川台場、保存決まる | Main | 今年も残りわずか»
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T.Hayashibara
魚へんの漢字 (03/27) T.Hayashibara
「海底遺跡 新時代」 (03/27) T.Hayashibara
岩淵聡文著『文化遺産の眠る海 水中考古学入門』 (03/27) T.Hayashibara
公開された「神奈川台場」を見てきました (03/27) T.Hayashibara
東京駅・丸の内駅舎の復原 (03/27) T.Hayashibara
和賀江島と座礁 (03/27)
「海底遺跡 新時代」 (09/06) 山本
魚へんの漢字 (08/05) 斎藤 敏行
和賀江島と座礁 (07/29) 安田冨郎
東京駅・丸の内駅舎の復原 (07/08)
最新トラックバック
犬山城 (01/22)
http://blog.canpan.info/ariua/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ariua/index2_0.xml
今年もありがとうございました [2011年12月30日(Fri)]
今年も明日を残すのみとなりました。
皆さんは、やり残したことはありませんでしょうか?

今年は、3月に東北〜関東を襲った大地震・津波による甚大な被害により、
多くの尊い命が奪われるという自然の暴虐な猛威、
その後の原発事故という今度は,人災による被害も目の当たりにしまし。
自然の理不尽さ、人の行為に「絶対ということはない」ということを思い知らされた一年でもありました。

自身が被災された方や、家族・親族・知人が被害にあわれた方もいるものと思います。
被災地はまだ、完全復興にはほど遠い状況です。

いろいろな意味で考えさせれることの多かった一年でした。

このようななかで、アジア水中考古学研究所の進めている
「海の文化遺産総合調査プロジェクト」(日本財団助成事業)は、まとめの年度となりました。

プロジェクトでは、水中文化遺産に関する重要な情報が多く集められました。
これまでの水中文化遺産のあり方を考えるならば、
大きな一歩となる成果でもあります。

その成果報告は、2月からの展示会、2月26日のシンポジウム、
年度末刊行・公開予定の調査報告書・水中遺跡地図・水中文化遺産データベース
でしめされます。

プロジェクトは大詰めです。
会員一同、がんばりますので、よろしくお願いおいたします。

それでは皆さま、少し早いですが、今年はありがとうございました。
くれぐれもご自愛のうえ、良いお年をお迎えください。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント