CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«沖縄で海底遺跡見学会とシンポジウムを開催します | Main | 久米島での海底遺跡見学のようすが新聞報道されました»
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T.Hayashibara
魚へんの漢字 (03/27) T.Hayashibara
「海底遺跡 新時代」 (03/27) T.Hayashibara
岩淵聡文著『文化遺産の眠る海 水中考古学入門』 (03/27) T.Hayashibara
公開された「神奈川台場」を見てきました (03/27) T.Hayashibara
東京駅・丸の内駅舎の復原 (03/27) T.Hayashibara
和賀江島と座礁 (03/27)
「海底遺跡 新時代」 (09/06) 山本
魚へんの漢字 (08/05) 斎藤 敏行
和賀江島と座礁 (07/29) 安田冨郎
東京駅・丸の内駅舎の復原 (07/08)
最新トラックバック
犬山城 (01/22)
http://blog.canpan.info/ariua/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ariua/index2_0.xml
飛び出せ!科学くん 「157年前!駿河湾に沈んだ“幕末の黒船”大探索スペシャル!」 [2011年09月11日(Sun)]
昨日,TBSテレビ「飛び出せ!科学くん」で、
「157年前!駿河湾に沈んだ“幕末の黒船”大探索スペシャル!」
という番組が放映されました。

皆さんは、観られましたでしょうか?

昨年の同番組内で、
駿河湾の深海1,400mの海底で、偶然に撮影された船体様の物体が、
その検出地区付近で幕末に沈没したとされるロシア軍艦・ディアナ号の可能性があるのではないか、とのことから、
あらためて調査をし、今回の番組になったことです。

調査には、深海ということもあり、
JAMSTEC(海洋研究開発機構)の深海探査艇・ハイパードルフィンが使用されていました。

結果としては、船体へ再びアクセスすることはできなかったこともあり
映像に映し出された船体様のものの「正体」を明らかにはできず
番組は、ディアナ号の謎解きというかたちをとり、
船の紹介や歴史的背景をメインに構成されていました。

幕末の日本史に足跡を残したディアナ号が駿河湾に沈んでいるということを
多くの方に知ってもらうには、良い機会であったと思います。

ただし、船に積んでいたかもしれない「お宝」に興味が当てられるなど、
これまでの同種の番組と同様に、
あくまでもバラエティの域はでない内容に終始しており、
水中遺跡(遺跡としての沈没船)や水中考古学や船体引揚げにかかわる法律的な問題には、触れられることはありませんでした。

やはり、沈没船調査の番組となると、今回のような内容になってしまうのですね。

せっかくでしたので、番組の趣旨もあるでしょうが、
発見から1年近くあり、あれだけの機器を使っての調査でしたので、
少し切り口を変えて、水中遺跡や水中考古学をうまく紹介してくれたら、
良かったのですが。
残念ですね。

皆さんはどう思われましたか?

ところで出演者のひとりに、南伊豆沖の沈船・ニール号の調査番組に出演していた
眞鍋かをりさんがいました。
経験者?として何か発言をするかと思って観ていましたが、
彼女はほとんど発言をしていませんでしたね。

また、すぐ後の番組「世界ふしぎ発見!」では、
トルコのウルブルン沈没船海底ミュージアムが映像とともに紹介されていました。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント