CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«神奈川台場、その後 | Main | 情報考古学会 シンポジウム2011»
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T.Hayashibara
魚へんの漢字 (03/27) T.Hayashibara
「海底遺跡 新時代」 (03/27) T.Hayashibara
岩淵聡文著『文化遺産の眠る海 水中考古学入門』 (03/27) T.Hayashibara
公開された「神奈川台場」を見てきました (03/27) T.Hayashibara
東京駅・丸の内駅舎の復原 (03/27) T.Hayashibara
和賀江島と座礁 (03/27)
「海底遺跡 新時代」 (09/06) 山本
魚へんの漢字 (08/05) 斎藤 敏行
和賀江島と座礁 (07/29) 安田冨郎
東京駅・丸の内駅舎の復原 (07/08)
最新トラックバック
犬山城 (01/22)
http://blog.canpan.info/ariua/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ariua/index2_0.xml
2011年度第4回日本財団助成事業推進全体会議および編集会議が開催されました [2011年07月31日(Sun)]
本年度4回目の日本財団助成事業推進全体会議および編集会議が、
30(土)・31日(日)の2日間にわたり,福岡市で開催されました。


今回の会議では、
各海域から『海の文化遺産データーべース』および『水中遺跡地図』に掲載される詳細データーが提出され、
公開・編集に向けての具体的な作業をおこないました。
また,『調査報告書』の内容についても検討がなされました.

このほか、
再来月(9月)に開催される沖縄で海底遺跡見学会10月のシンポジウムについての報告、
東京での企画展、シンポジウムの内容検討等がなされました。

東京での企画展およびシンポジウムのテーマ、開催場所、開催日・期間は以下の通りです。
なお、詳細については、あらためてお知らせします。

共通テーマ: 海のタイムカプセル−水中考古学からのおくりもの−

企画展
開催場所: 東京海洋大学・越中島キャンパス 越中島会館・特別展示室
開催期間: 2012年2月15日(水)〜3月25日(日)

シンポジウム
開催場所 :東京海洋大学・越中島キャンパス 越中島

トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント