CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«千葉県・房総半島南部で調査をおこないました | Main | 『歴史地理教育』7月号»
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T.Hayashibara
魚へんの漢字 (03/27) T.Hayashibara
「海底遺跡 新時代」 (03/27) T.Hayashibara
岩淵聡文著『文化遺産の眠る海 水中考古学入門』 (03/27) T.Hayashibara
公開された「神奈川台場」を見てきました (03/27) T.Hayashibara
東京駅・丸の内駅舎の復原 (03/27) T.Hayashibara
和賀江島と座礁 (03/27)
「海底遺跡 新時代」 (09/06) 山本
魚へんの漢字 (08/05) 斎藤 敏行
和賀江島と座礁 (07/29) 安田冨郎
東京駅・丸の内駅舎の復原 (07/08)
最新トラックバック
犬山城 (01/22)
http://blog.canpan.info/ariua/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ariua/index2_0.xml
海洋考古学会 第2回研究会「黒潮の考古学U」 [2011年07月06日(Wed)]
海洋考古学会(暫定事務局:島根県埋蔵文化財調査センター)の
第2回研究会「黒潮の考古学U」開催のご案内をいただきましたので、
お知らせします。

以下、内容を転載しますので、ご確認ください。

第2回研究会「黒潮の考古学U」のテーマと会場が決まりました。ご参加をお待ちしております。
日 時:2011年8月27日(土)13:00〜
            28日(日) 9:00〜12:30
会 場:和歌山市立博物館(和歌山市湊本町3−2)
テーマ:「海士・海女の世界」 アワビオコシを中心に潜水漁に関係する漁具(見突漁・民俗資料も含む)をもとに、各地の研究者に報告していただきます。

8月27日(土)  12時30分 受付開始 
  13:00 開始・挨拶
@ 13:10〜14:00 フィリピンの潜水漁・・・・・辻 貴志(国立民族学博物館)
A 14:00〜14:40 山陰地方のヘラ状骨角器・・・河合章行(鳥取県埋蔵文化財センター)
B 14:50〜15:20 東海地方のアワビオコシ・・・久保禎子(一宮市立博物館)
C 15:20〜16:00 瀬戸内のアワビオコシ・・・・柴田昌児(愛媛県埋蔵文化財調査センター)
D 16:00〜16:40 北海道のアワビオコシ・・・・種市幸生・乾 哲也

8月28日(日)
E 09:00〜09:40 九州・韓国のアワビオコシ・・中尾篤志(長崎県世界遺産推進室)
F 09:50〜10:30 磯間岩陰遺跡の再検討・・・・田中元浩(和歌山県文化財センター)
G 10:40〜11:20 和歌山県沿岸部の古人骨・・・清家 章(高知大学)
H 11:30〜12:30 総括討論

【報告の題名は仮題です。報告者、発表順、時間などは変更する場合があります。】


なお、参加には、事前の申し込みが必要です。

参加希望日に○を付けたうえで、以下の申し込み先にご連絡ください。
・27日(土)
・懇親会(27日)
・28日(日)

申込先:島根県松江市打出町33 島根県埋蔵文化財調査センター 内田律雄
    пF0852−36−8254  FAX:0852−36−8025
    Mail:uchida-ritsuo@pref.shimane.lg.jp  (宿は各自で準備下さい。)
申込方法:葉書・手紙・電話・ファックス・メールのいずれも可 締切:8月10日

Posted by T.Hayashibara at 23:40 | セミナー | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント