CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«2011年度3回日本財団助成事業推進全体会議・水中文化遺産委員会が開催されました | Main | 海洋考古学会 第2回研究会「黒潮の考古学U」»
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T.Hayashibara
魚へんの漢字 (03/27) T.Hayashibara
「海底遺跡 新時代」 (03/27) T.Hayashibara
岩淵聡文著『文化遺産の眠る海 水中考古学入門』 (03/27) T.Hayashibara
公開された「神奈川台場」を見てきました (03/27) T.Hayashibara
東京駅・丸の内駅舎の復原 (03/27) T.Hayashibara
和賀江島と座礁 (03/27)
「海底遺跡 新時代」 (09/06) 山本
魚へんの漢字 (08/05) 斎藤 敏行
和賀江島と座礁 (07/29) 安田冨郎
東京駅・丸の内駅舎の復原 (07/08)
最新トラックバック
犬山城 (01/22)
http://blog.canpan.info/ariua/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ariua/index2_0.xml
千葉県・房総半島南部で調査をおこないました [2011年07月03日(Sun)]
今日(7/3)、千葉県・房総半島南部(館山市周辺)で調査をおこないました。

関東では数少ない潮間帯〜海底にかけて所在する沖ノ島遺跡(縄文時代早期の沈降遺跡)、
遺物散布情報のあった海岸
海蝕洞穴遺跡
を踏査しまし、
博物館では関連情報の収集をおこないました。

           沖ノ島遺跡の所在する海岸

少し暑かったですが、天気にも恵まれ、無事に調査を終えることができました。

海岸には、強い日差しのもと、
海水浴を楽しんでいるひとも多く、
早くも夏の景色でした。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント