CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«日本考古学協会第77回総会が開催されます | Main | 2011年度第1回ARIUA関東・東北会員連絡会 兼 日本財団助成事業(太平洋沿岸海域調査)推進会議が開催されました»
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T.Hayashibara
魚へんの漢字 (03/27) T.Hayashibara
「海底遺跡 新時代」 (03/27) T.Hayashibara
岩淵聡文著『文化遺産の眠る海 水中考古学入門』 (03/27) T.Hayashibara
公開された「神奈川台場」を見てきました (03/27) T.Hayashibara
東京駅・丸の内駅舎の復原 (03/27) T.Hayashibara
和賀江島と座礁 (03/27)
「海底遺跡 新時代」 (09/06) 山本
魚へんの漢字 (08/05) 斎藤 敏行
和賀江島と座礁 (07/29) 安田冨郎
東京駅・丸の内駅舎の復原 (07/08)
最新トラックバック
犬山城 (01/22)
http://blog.canpan.info/ariua/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ariua/index2_0.xml
縄文海進 [2011年05月15日(Sun)]
昨日(14日)の朝日新聞・朝刊・BE土曜版に、
縄文海進」についの記事がありました。

皆さんは、「縄文海進」をご存知でしょうか?
縄文海進」は今から約7,000年前の縄文時代前期に、
海水面が上昇したため、現在の内陸部まで海が入りこんでいたという現象です。
当時の海水面は、今より3〜5m高かったと考えられています。

この現象は、当時のゴミ捨て場であった貝塚(海で採れる貝殻が捨てられています)が、
かなりの内陸部でみつかっている
こからも証明されています。

一般的には温暖化により、陸にある氷がとけて海水面が上昇した結果と説明されています。
ところが、それほど単純な現象ではなく、さまざまな要因により起こった現象です。

そのことについて、記事はわかりやすく説明しています。
興味がある方は、読んでみてください。

もう一つ、少し前の記事となりましたが、
同じ朝日新聞の日曜版GLOBEには、
日本人の起源」という特集が組まれていました。

人類の発展過程、日本人起源についての取材記事が掲載されています。
人類の発展・日本人の起源について、最新成果が反映されている興味深い記事です。
GJOBEホームページ(http://globe.asahi.com/feature/110501/index.html)からも読めますので、これも興味がある方は、ぜひ。

このなかでも取り上げられている、昨年調査された沖縄県石垣島の
白保竿根田原洞穴(しらほさおねたばるどうけつ)から検出された約2万年前の旧石器時代人骨については、
先日、ご紹介した日本考古学協会総会で29日(日)に発表があります。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント