CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«東北地方太平洋沖地震支援基金 | Main | 「ロマンを感じる日本の遺跡」»
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T.Hayashibara
魚へんの漢字 (03/27) T.Hayashibara
「海底遺跡 新時代」 (03/27) T.Hayashibara
岩淵聡文著『文化遺産の眠る海 水中考古学入門』 (03/27) T.Hayashibara
公開された「神奈川台場」を見てきました (03/27) T.Hayashibara
東京駅・丸の内駅舎の復原 (03/27) T.Hayashibara
和賀江島と座礁 (03/27)
「海底遺跡 新時代」 (09/06) 山本
魚へんの漢字 (08/05) 斎藤 敏行
和賀江島と座礁 (07/29) 安田冨郎
東京駅・丸の内駅舎の復原 (07/08)
最新トラックバック
犬山城 (01/22)
http://blog.canpan.info/ariua/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ariua/index2_0.xml
東北地方太平洋沖地震から1ヶ月 [2011年04月10日(Sun)]
少し更新が滞ってしまいました。
その間に、新年度を迎えました。
また、3月11日の東北地方太平洋沖地震から早くも1ヶ月が経ちました。
まだ、被害の全容は明らかになっていませんが、
復旧にむけて被災地は前に進んでいます。
そして、日本全国そして全世界から支援の輪が広がっています。

これまでに経験したこともないような災害でしたので、
自分にできることは何かを考えながら過ごしたこの1ヶ月は、
うまい答えもだせずに過ぎてしまいました。

とりあえずできることとして、募金・節電など。
被災地の方々にたして、どれくらい役にたつのかはわかりません。
あたりまえのことですが、できることをしたいと思っています。
それが、答えでした。

被災地の方が日常の生活に戻ることは、
さまざまな面で簡単ではないでしょうが、
一日も早い復興を願っています。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント