CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«小田原市石橋沖で潜水調査をおこないました | Main | 津波»
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T.Hayashibara
魚へんの漢字 (03/27) T.Hayashibara
「海底遺跡 新時代」 (03/27) T.Hayashibara
岩淵聡文著『文化遺産の眠る海 水中考古学入門』 (03/27) T.Hayashibara
公開された「神奈川台場」を見てきました (03/27) T.Hayashibara
東京駅・丸の内駅舎の復原 (03/27) T.Hayashibara
和賀江島と座礁 (03/27)
「海底遺跡 新時代」 (09/06) 山本
魚へんの漢字 (08/05) 斎藤 敏行
和賀江島と座礁 (07/29) 安田冨郎
東京駅・丸の内駅舎の復原 (07/08)
最新トラックバック
犬山城 (01/22)
http://blog.canpan.info/ariua/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ariua/index2_0.xml
東北地方太平洋沖地震 [2011年03月12日(Sat)]
東北から関東にかけて大きな被害をもたらした東北地方太平洋沖地震で、
被災された皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。

多くの方が亡くなられています。
多くの方が行方不明になっています。

テレビからは、とても現実とは信じられない衝撃的な映像が映し出されています。
家・船・車を押し流す津波、壊滅状態の集落、火災。
言葉がでません。

私は、この地震を調査で訪れていた八丈島で知りました。
八丈島でもかなりの揺れを感じましたし、
津波もやってきました。

また、現在調査中の天草(熊本県)でもこの地震の影響による津波注意報により、
今日の潜水調査は中止になったそうです。

遠方にまで影響をあたえる天災、
自然の力を実感します。

被災された方々には、あらためてお見舞い申し上げるとともに、
一刻も早く行方不明の方々が救出されることを祈ります。

トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント