CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«平成22年度金沢大学公開講座「日本海の水中考古学」 | Main | 今日は「文化財防火デー」です»
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T.Hayashibara
魚へんの漢字 (03/27) T.Hayashibara
「海底遺跡 新時代」 (03/27) T.Hayashibara
岩淵聡文著『文化遺産の眠る海 水中考古学入門』 (03/27) T.Hayashibara
公開された「神奈川台場」を見てきました (03/27) T.Hayashibara
東京駅・丸の内駅舎の復原 (03/27) T.Hayashibara
和賀江島と座礁 (03/27)
「海底遺跡 新時代」 (09/06) 山本
魚へんの漢字 (08/05) 斎藤 敏行
和賀江島と座礁 (07/29) 安田冨郎
東京駅・丸の内駅舎の復原 (07/08)
最新トラックバック
犬山城 (01/22)
http://blog.canpan.info/ariua/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ariua/index2_0.xml
テレビの影響!! [2011年01月22日(Sat)]
このblogでも紹介した、
明治初期に横須賀・観音寺沖で沈没したアメリカ軍艦・オネイダ号について、
先日、ネット検索をしました。

          東京湾で沈没するオネイダ号(Wikipediaより)

その結果ですが、びっくりです。
blogやtwitterなど、個人の方の記事がたくさんヒットしました。

その内容の大半は,昨年11月のテレビ放映にたいするもので、
時価100億円の財宝が本当にあるのか、
その後の調査?はいつおこなわれるのか、などなど。

テレビ放映前は、このような記事は数件で、
ネット上でのオネイダ号に関する情報は、非常に限られたものでした。
むしろ、1920年代にアメリカで起こったトーマス・インス事件の舞台となった
豪華客船・オネイダ号の情報のほうが多い状況でした。

それが....です。雲泥の差です。

テレビ放映、恐るべしです。

この種の情報に興味をもっている人が多い、ということを再確認するとともに、
先日のblogでも書きましたが、
正確な情報の発信が必要だ、ということもあらためて感じました。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント