CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«日本考古学協会所蔵図書の寄贈について | Main | 情報収集の呼びかけをしていただきました»
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T.Hayashibara
魚へんの漢字 (03/27) T.Hayashibara
「海底遺跡 新時代」 (03/27) T.Hayashibara
岩淵聡文著『文化遺産の眠る海 水中考古学入門』 (03/27) T.Hayashibara
公開された「神奈川台場」を見てきました (03/27) T.Hayashibara
東京駅・丸の内駅舎の復原 (03/27) T.Hayashibara
和賀江島と座礁 (03/27)
「海底遺跡 新時代」 (09/06) 山本
魚へんの漢字 (08/05) 斎藤 敏行
和賀江島と座礁 (07/29) 安田冨郎
東京駅・丸の内駅舎の復原 (07/08)
最新トラックバック
犬山城 (01/22)
http://blog.canpan.info/ariua/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ariua/index2_0.xml
『東京新聞』に「水中文化遺産」関連の記事 [2010年05月24日(Mon)]
『東京新聞』(夕刊)の5月19日付け紙面に、「水中文化遺産」関連の記事が掲載されました

立正大学の坂詰秀一先生(名誉教授)が月1回、連載している
「展望 歴史考古学」に掲載されたものです。

記事は、「水中文化遺産」・「水中考古学」の研究学史・現状を紹介いただいたもので、
多くの方に両者を取り巻く環境を知っていただけたのではないかと思います。
また、アジア水中考古学研究所の活動もご紹介いただきました
励みになります。

先生は、2月に東京で開催したシンポジウムへも参加されました。

皆さん、ぜひ読んでみてください。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント