CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«豪族の送霊船を描いた円筒埴輪が出土 | Main | 日本考古学協会所蔵図書の寄贈について»
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T.Hayashibara
魚へんの漢字 (03/27) T.Hayashibara
「海底遺跡 新時代」 (03/27) T.Hayashibara
岩淵聡文著『文化遺産の眠る海 水中考古学入門』 (03/27) T.Hayashibara
公開された「神奈川台場」を見てきました (03/27) T.Hayashibara
東京駅・丸の内駅舎の復原 (03/27) T.Hayashibara
和賀江島と座礁 (03/27)
「海底遺跡 新時代」 (09/06) 山本
魚へんの漢字 (08/05) 斎藤 敏行
和賀江島と座礁 (07/29) 安田冨郎
東京駅・丸の内駅舎の復原 (07/08)
最新トラックバック
犬山城 (01/22)
http://blog.canpan.info/ariua/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ariua/index2_0.xml
週末のイベント [2010年05月21日(Fri)]
今週の土・日に開催される2つのイベントについて、お知らせします。

ひとつ目は、
日本考古学協会・第76回(2010年度)総会です。
今年は、国士舘大学・世田谷キャンパスで開催されます。
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jaa2/index.htm

1日目(22日)には、総会・公開講演会、
2日目(23日)には、研究発表会・図書交換会
が予定されています。
とくに、2日目の研究発表会では、全国の最新の調査成果報告がなされ
普段手に入れることが難しい調査報告書などの冊子の販売もあります。

総会以外は、どなたでも参加できますので、
興味があるかたは、参加してみてください。


もうひとつは、
竹芝桟橋・竹芝旅客ターミナル(東京港区)で開催される
東京愛らんどフェア『島じまん2010』 です。

このイベントは、東京都の有人の島(伊豆諸島・小笠原諸島)の食・芸能などを紹介し、
島をより知ってもらうことを目的に1988年から2年ごとに開催されれてきたものです。
今年で10回目の開催となるそうです。
それぞれ「島じまん」が一堂に会します。
http://www.islands-net.metro.tokyo.jp/event/2010-1.html

今年度は、ARIUAではこれら島々の調査をおこないます。
東京都の島を知る良い機会と思いますので、
これも興味がある方は、参加してみてください。

ところで、ひとの住んでいる東京都の島をすべてあげることはできますか?

紹介した2つのイベントは、見事に開催日・時間がバッティングしています。
ただし、少し離れてはいますが、どちらも都内開催ですので、
両方に参加することも可能ですね。
チャレンジしてみてください。



Posted by T.Hayashibara at 21:11 | イベント | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント