CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«今日のNHK「クローズアップ現代」 | Main | 小値賀島前方湾海底遺跡見学会の様子の動画を公開しました»
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T.Hayashibara
魚へんの漢字 (03/27) T.Hayashibara
「海底遺跡 新時代」 (03/27) T.Hayashibara
岩淵聡文著『文化遺産の眠る海 水中考古学入門』 (03/27) T.Hayashibara
公開された「神奈川台場」を見てきました (03/27) T.Hayashibara
東京駅・丸の内駅舎の復原 (03/27) T.Hayashibara
和賀江島と座礁 (03/27)
「海底遺跡 新時代」 (09/06) 山本
魚へんの漢字 (08/05) 斎藤 敏行
和賀江島と座礁 (07/29) 安田冨郎
東京駅・丸の内駅舎の復原 (07/08)
最新トラックバック
犬山城 (01/22)
http://blog.canpan.info/ariua/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ariua/index2_0.xml
映画『てぃだかんかん』 [2010年04月13日(Tue)]
今日、映画『てぃだかんかん 海とサンゴと小さな奇跡』の試写を観てきました。

世界で初めてサンゴ礁の再生を実現させた金城浩二さんと彼を支えた奥さんの
紆余曲折の実話をベースに映画化した
世界初”サンゴ礁再生”の奇跡に向かって夢を追いかけたふたりの感動実話」(パンフレットにから)です。
出演は、岡村隆史・松雪泰子・吉沢悠・國村隼・原田美枝子ほか、
監督は、李闘士男
です。

映画の内容詳細は、公開前なので書きませんが、
今も続けられている沖縄での「サンゴ礁再生」プロジェクト
「美しかったサンゴの海をもう一度取り戻したい」という一民間人の一心から始まり
実行されてきたようすを丁寧に描いています。
当初は積極的にかかわることがなかった行政・研究者やマスコミが、
金城氏が結果をだすと、それに飛びつくということにたいしては、
かなりの皮肉が込められていました。

全体としては、やや話しの展開が早すぎる感はありましたが、
比較的わかりやす映画だと思います。


サンゴ礁再生の取り組みは、
私たちが取り組んでいる「水中文化遺産」が置かれている状況と似ています
とくに、今では、行政や研究者はもちろんのこと、
一般ダーバーの協力を得られるようになって進められていることは、
「水中文化遺産」の周知・保護・活用の取り組みにも多いに参考になります

映画『てぃだかんかん』は、4月24日(土)から公開です。
海に残されているモノを保護・保全する大変さを実感できる映画でもありますので、
興味がある方は、観てください。

それにしても、お母さん役の原田美枝子さんの快演には圧倒されました。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント