CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«東京シンポジウムのようすが日本財団ブログ・マガジンで紹介されました | Main | 長野県・柳沢遺跡の最新成果報告会»
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T.Hayashibara
魚へんの漢字 (03/27) T.Hayashibara
「海底遺跡 新時代」 (03/27) T.Hayashibara
岩淵聡文著『文化遺産の眠る海 水中考古学入門』 (03/27) T.Hayashibara
公開された「神奈川台場」を見てきました (03/27) T.Hayashibara
東京駅・丸の内駅舎の復原 (03/27) T.Hayashibara
和賀江島と座礁 (03/27)
「海底遺跡 新時代」 (09/06) 山本
魚へんの漢字 (08/05) 斎藤 敏行
和賀江島と座礁 (07/29) 安田冨郎
東京駅・丸の内駅舎の復原 (07/08)
最新トラックバック
犬山城 (01/22)
http://blog.canpan.info/ariua/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ariua/index2_0.xml
エルトゥールル号の調査 [2010年03月15日(Mon)]
今朝のNHKニュースで、今からちょうど120年前に、
和歌山県串本沖で、沈没したトルコの軍艦エルトゥールル号の調査について、
放映をしでいました。
継続して調査がおこなわれていること、
地元も協力体制にあること、
引揚げられた遺物はトルコで整理されるとのこと、
などが報告されていました。

水中文化遺産としての沈没船が考古学的な手続きで、
調査されている数少ない国内事例です。

ただし、この調査は日本の文化財保護法のもともでおこなわれているものでは、ありません。
調査を実施するにあたり、さまざまな事情があったと聞いでいます。

現在、調査は地元の協力のもと進んでいるようですので、今後はARIUAとしても何ができるのかを
検討しながら調査の推移をみたいと思います。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
あるくぼーとぴあ さま

情報のご提供,ありがとうごいました.
Posted by: はやしばら  at 2010年08月02日(Mon) 00:03

Posted by: あるくぼーとぴあ  at 2010年07月30日(Fri) 11:49

エルトゥール号に関する企画展が船の科学館にて開催されるようです。皆様へ周知をお願いします。
1.名称 日本・トルコ友好120周年記念企画展

「海が結んだ日本とトルコ―軍艦“エルトゥールル”の
遭難事故から―」

2.主催 船の科学館

3.協力 駐日トルコ共和国大使館,和歌山県串本町

4.会期 平成22年8月7日(土)〜平成22年9月23日(木・祝)

5.会場 船の科学館 本館3階 マリタイムサルーン

詳細はこちらから
http://www.funenokagakukan.or.jp/news/?p=544
Posted by: あるくぼーとぴあ  at 2010年07月30日(Fri) 11:45

あるくぽーとぴあ さま

コメント,ありがとうございます.
友好120周年事業として,
エルトゥールル号調査関連の展示等もおこなわれるのでしょうか.
情報がありましたら,お知らせください.
Posted by: はやしばら  at 2010年03月28日(Sun) 16:50

日本財団ブログマガジンにも掲載されていましたよ。
http://blog.canpan.info/koho/archive/1027
Posted by: あるくぼーとぴあ  at 2010年03月24日(Wed) 12:02