CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«東京シンポジウムのようす(4) | Main | 東京シンポジウムを終えて»
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T.Hayashibara
魚へんの漢字 (03/27) T.Hayashibara
「海底遺跡 新時代」 (03/27) T.Hayashibara
岩淵聡文著『文化遺産の眠る海 水中考古学入門』 (03/27) T.Hayashibara
公開された「神奈川台場」を見てきました (03/27) T.Hayashibara
東京駅・丸の内駅舎の復原 (03/27) T.Hayashibara
和賀江島と座礁 (03/27)
「海底遺跡 新時代」 (09/06) 山本
魚へんの漢字 (08/05) 斎藤 敏行
和賀江島と座礁 (07/29) 安田冨郎
東京駅・丸の内駅舎の復原 (07/08)
最新トラックバック
犬山城 (01/22)
http://blog.canpan.info/ariua/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ariua/index2_0.xml
プロジェクトが新聞で紹介されました [2010年03月08日(Mon)]
ARIUAの今年度助成事業「海の文化遺産総合調査プロジェクト」を紹介する記事が
今日の朝日新聞・朝刊・文化面に掲載されました。


かなり大きな記事でしたので、
お気付きになった方も多くいらっしゃったのではないかと思います。
見出しは、
「海の遺跡地図」作れ
です。

     朝日新聞・朝刊・文化面 2010年3月8日付 ※転用を禁じます

記事では、プロジェクトの内容とともに
東京で開かれたシンポジウムのこと、
国内での水中考古学・水中文化遺産を取り巻く環境などを
丁寧に紹介していただきました。

このように、新聞に大きく取り上げられると、
より多くの方に、ARIIUAのこと、プロジェクトのこと、水中考古学のこと、水中文化遺産のこと、
などを知ってもらうことになりますので、
励みになります


皆さんもぜひ,読んでください。

トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント