CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2018年11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T.Hayashibara
魚へんの漢字 (03/27) T.Hayashibara
「海底遺跡 新時代」 (03/27) T.Hayashibara
岩淵聡文著『文化遺産の眠る海 水中考古学入門』 (03/27) T.Hayashibara
公開された「神奈川台場」を見てきました (03/27) T.Hayashibara
東京駅・丸の内駅舎の復原 (03/27) T.Hayashibara
和賀江島と座礁 (03/27)
「海底遺跡 新時代」 (09/06) 山本
魚へんの漢字 (08/05) 斎藤 敏行
和賀江島と座礁 (07/29) 安田冨郎
東京駅・丸の内駅舎の復原 (07/08)
最新トラックバック
犬山城 (01/22)
http://blog.canpan.info/ariua/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ariua/index2_0.xml
アジア水中考古学研究所では、水中考古学を学びたいと考えている会員を募集しています。
入会をご希望の方は、研究所のH.P.よりお問い合わせください。


《情報提供のお願い》
 水中文化遺産、特に沈没船や沈没した人工遺物は、底引き漁や潜水漁などの漁業、仕事や趣味でのダイビングなど、水中考古学とは違う活動中に偶然に発見された例が多いのです。
 もし、海から遺物が引き上げられたり、海底で遺物を発見したり、あるいは海岸に遺物が漂着したという情報がありましたら、当研究所までご一報ください。
水中に眠る船、都市、集落―― 人類の営みをたどる「水中考古学」の世界 [2018年11月29日(Thu)]
今日(11/29)のYahoo!ニュース・特集として
「水中に眠る船、都市、集落ー人類の営みをたどる「水中考古学」の世界」
という3名の会員によるコラム記事が掲載されました.
https://news.yahoo.co.jp/feature

「水中」についての現状や意義等がわかりやすく解説されています.
ぜひ,ご覧ください.
朝日カルチャーセンター(横浜)「海洋考古学の世界」 [2018年11月20日(Tue)]
直前のご案内となりますが,今週末24日(土)に,
朝日カルチャーセンター・横浜で海洋考古学の講座ーが開催されます.

講座名:海洋考古学の世界 海から見る人類史
講 師:小野林太郎(東海大学)
日 時:11月24日(土) 15:30〜17:00
会 場:朝日カルチャーセンター・横浜教室
     横浜市西区高島2-16-1ルミネ横浜8階
受講料:[会員]3,240円 [一般]3,888円

直前で有料の講座ですが,まだ申し込み可能とのことです.
詳細については,朝日カルチャーセンター・横浜ホームページでご確認ください.
https://www.asahiculture.jp/yokohama/course/53c487f8-6ab4-979c-ea56-5ae67d33bbff
Posted by T.Hayashibara at 00:21 | セミナー | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
『月刊考古学ジャーナル』2018年10月増大号 特集「埋蔵文化財の活用と観光考古学」 [2018年10月24日(Wed)]
先日刊行された『月刊考古学ジャーナル』2018年10月増大号は,
恒例の「埋蔵文化財」特集

すでにご覧になっている方もいらっしゃることと思いますが,
今号は,「埋蔵文化財の活用と観光考古学」がテーマです.
昨今話題になっている文化財の有効活用とリンクする内容で,各地の埋蔵文化財活用と保存の実例が紹介されています.
「水中」の事例の紹介されています.
http://hokuryukan-ns.co.jp/cms/books/%E8%80%83%E5%8F%A4%E5%AD%A6%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%80%802018%E5%B9%B410%E6%9C%88%E8%87%A8%E6%99%82%E5%A2%97%E5%88%8A%E5%8F%B7/

それとともに遺跡活用の新たな視点として,文化財(とくに遺跡)を研究対象としてだけではなく,観光資源としてもとらえ,
保存と活用について考古学を軸に他分野と総合的に考えることを趣旨とした観光考古学の可能性についても触れられています.

国内の埋蔵文化財(遺跡)保存と活用の現状を知ることができます.
多くの公共図書館でも閲覧ができますので,ぜひご覧になってください.
Posted by T.Hayashibara at 20:46 | 本のこと | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
勝浦市でハーマン号関連遺物の展示 [2018年10月20日(Sat)]
明治時代の初めに熊本藩にチャーターされ,戊辰戦争の援軍を乗せた「ハーマン号」が勝浦市沖で沈没してから来年2月に150年を迎えます.
「ハーマン号沈没150周年」を記念して,調査関連資料が地元の勝浦市で展示されています.

展示場所:勝浦市役所1階ロビー
展示期間:2018年9月7日〜2019年2月13日
展示資料:調査記録写真,引き揚げ遺物(8点),海難を記録した絵巻物(複製)
観覧無料

ハーマン号は,熊本藩がチャーターした米船籍.木造蒸気外輪船で,1869(明治2)年2月13日(新暦)に暴風雨のために勝浦市川津沖で座礁沈没しました.
https://www.city.katsuura.lg.jp/forms/info/info.aspx?info_id=40584

沈没したハーマン号については,ARIAU会員でもある井上たかひこさんが代表を務める日本水中考古学調査会による調査(潜水調査)が,
1998年から5回にわたりおこなわれています.


地元での水中調査の資料が展示されることは,周知・理解にとって非常に意義深いことです.
多くの方に見ててもらい展示です..

展示については,勝浦市教育委員会社会教育課にお問い合わせください.
TEL:0470-73-6665
Posted by T.Hayashibara at 00:35 | 展覧会 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
鷹島で「水中考古学公開セミナー」が開催されます [2018年09月20日(Thu)]
鷹島(長崎県松浦市)にある松浦市立水中考古学研究センターで,
国史跡鷹島神崎遺跡の周知と水中考古学の普及公開を目的とする水中考古学の公開セミナーが開催されます.

テーマ:「あなたも水中考古学の魅力に触れる」
日 時: 10月6日(土)〜8日(日)
対 象:地方自治体職員,大学生,一般
参加費:無料
申 込:事前申込必要(締切9月28日)

地方自治体職員・大学生と一般の方は別メニューでおこなわれるとのことです.
現地で水中遺跡,調査,法律(国内外),保存処理,水中工学機器に関すること等多彩な内容を学ぶことができます.
このような機会はなかなかありませんので,興味がある方はぜひ参加してみてください.

詳細は,松浦市のH.P.でご確認ください.
http://www.city-matsuura.jp/www/contents/1536727983281/index.html



Posted by T.Hayashibara at 03:02 | セミナー | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2018年度第1回東日本会員連絡会(水中文化遺産研究報告会)を開催しました [2018年09月17日(Mon)]
昨日(9/16 ),2018年度第1回東日本会員連絡会(水中文化遺産研究報告会)を開催しました.
多くの方の参加があり,盛会で終えることができました.


出席いただきました方々,ありがとうございました.
また,遅くまでおつきあいいただきました方々,お疲れさまでした.

今回はいつにも増して,考古学・海事史.工学・法学および研究者・行政関係者・学生.ダイバー・この分野に関心を持っている方等多分野・多彩な方々の出席者となり,
「水中」にたいする学問的多様性をあらためて実感しました.

今後も水中考古学・水中文化遺産の理解・周知のために連絡会を開催しますので,
非会員の方でも参加でも参加できますので,ご都合がつく方は,ぜひご出席ください.
次回は12月開催を予定しています.
詳細が決まりましたら,お知らせします.
P9169465.jpg

P9169486.jpg
2018年度・第1回アジア水中考古学研究所・東日本会員連絡会開催のお知らせ [2018年08月07日(Tue)]
ここはご案内枠です.日々のブログはこの下からです.


今年度(2018年度)1回目の連絡会(研究報告会)の開催が決まりましたので,お知らせいたします.

詳細は,以下のとおりです.

2018年度・第1回 アジア水中考古学研究所・東日本会員連絡会(水中文化遺産研究報告会)
日 時:2018年9月16日(日) 14:00〜17:00
場 所:東京海洋大学・越中島キャンパス 3号館4階会議室(405号室)
    http://www.e.kaiyodai.ac.jp/contact.html
内  容: 
1.報告
(1)「パリにおける2018年4月23日〜27日のユネスコ・イコモス水中文化遺産関連会合」 岩淵 聡文(アジア水中考古学研究所)
(2) 「VASA号(スウェーデン)見学報告」  長井 宣子(アジア水中考古学研究所)
(3) 「ARIUA今年度調査速報」

2.水中文化遺産情報交換

今回は,国際会議,展示施設見学,調査,3本の報告です.
このほか,水中文化遺産の情報交換の場も設けます.

連休中の開催となってしまいましたが,多くの方のご参加をお待ちしております.,
会員以外の参加も大歓迎です
ARIUAチラシ2018.pdf
「海洋都市横浜 うみ博」和船模型展示 [2018年07月16日(Mon)]
2018年7月21日(土)・7月22日(日)に横浜港・大さん橋ホールにおいて開催される「海洋都市横浜 うみ博」で,
神奈川大学日本常民文化研究所による和船模型の展示およびワークショップが行われます.

http://jominken.kanagawa-u.ac.jp/topics/2018/koplrv0000001aaa.html

[会 場]うみ博 大さん橋ホール
 大さん橋国際客船ターミナル内(横浜市中区海岸通り1-1-4)神奈川大学ブース前
[日 時]2018年7月21日(土)・7月22日(日)10:00-17:00

昨年に引き続き行われる催しです.
大型の弁財船と中国船の詳細模型が展示されます.

和船の構造を見ることができ,中国船との比較もできます.

興味があるかたは,ぜひご覧になってください.

また,神奈川大学横浜キャンパスでは,
企画展「和船の構造と技術」も継続公開されています.
http://jominken.kanagawa-u.ac.jp/exhibition/tenji.html
Posted by T.Hayashibara at 09:00 | 展覧会 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
東京湾第二海堡関連の講演会・見学会(横須賀市主催) [2018年07月06日(Fri)]
東京湾海堡ファンクラブの高橋悦子さんから,東京湾第二海堡関連の催しものについての情報をいただきましたので,転載させていただきます.

7月16日(月・祝)に横須賀市主催の講演会と海上見学会です。
見学会は,事前申込制で12日j締切りですのでご注意ください。


【講演会】
第二海堡の秘密に迫る〜明治首都圏防衛から今<観光>へ
日 時:7月16日(月・祝)13時30分〜16時30分
会 場:本町コミュニティセンター集会室兼体育室
   (横須賀市総合福祉会館内6階 横須賀市本町2-1)
申込み:当日先着250名
主 催:横須賀市
内 容:各30分
 郷土史家・山本詔一 氏「横須賀に建設された東京湾要塞」
 国土交通省関東地方整備局事業継続計画官・野口孝俊 氏
 「日本で初めての海上人工島である第二海堡の建設技術」
 防衛大学校教授・正垣孝晴 氏
 「我が国の土木遺構としての東京湾海堡遺構の建築材料強度」
 株式会社JTB総合研究所主席研究員・山下真輝 氏
 「ツーリズムによる地方創生」

【第二海堡見学クルーズ】
■7月16日(月・祝)11時〜12時 ※第二海堡には上陸しません。
事前申込・抽選50名  ■費用500円
■申込みは横須賀市観光課へメールか、ファクシミリで。
 申込締切7月12日(木)TEL:046-822-9672 FAX:046-824-3277
 ※詳しくは、下記横須賀市HPをご覧ください。
https://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/2150/nagekomi/20180716dainikaihoukankou.html

20180716dainikaihou-1.jpg
Posted by T.Hayashibara at 23:12 | セミナー | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
鷹島海底遺跡の調査成果報告の最新刊が刊行されました [2018年04月08日(Sun)]
鷹島海底遺跡の調査調査成果報告
『鷹島海底遺跡 平成25年度から平成29年度までの調査成果』が刊行されました


書誌情報
書名:鷹島海底遺跡
副書名 : 平成25年度から平成29年度までの調査成果
シリーズ名 : 長崎県埋蔵文化財センター調査報告書 25
発行機関 : 長崎県教育委員会
発行年月日 : 20180331

新たな元寇船の発見および史跡指定範囲の拡大を目的におこなった
平成25年度〜27年度の潜水目視調査および平成28年度〜29年度の音波調査の報告書です.
目視調査は,研究所が担当しています.

報告書は,奈良文化財研究所の全国遺跡報告総覧からダウンロードすることができます.
http://sitereports.nabunken.go.jp/ja/list/42/42000
Posted by T.Hayashibara at 13:17 | 本のこと | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ