CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«りそな銀行さまのクリーンエイド | Main | 五色池で定置網と夏の自然遊び»
プロフィール

荒川クリーンエイド・フォーラムさんの画像
カテゴリアーカイブ
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/araclean/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/araclean/index2_0.xml
下平井で水辺の調べ学習 [2010年06月28日(Mon)]
6月25日(金)に、江戸川区内の小学校の荒川学習をお手伝いに行って来ました!

今回のテーマは、水辺の調べ学習と「適応」。
まずは、カニや魚などを自由に捕まえて観察します。

子どもたちはこの日がはじめてのフィールド学習。
干潟池の岩場で、クロベンケイガニやケフサイソガニなどを
夢中で探します。
最初はカニに触れなかった子も
学習の終わりには、すっかり触れるように。
タモ網を駆使して、干潟池で魚やエビを捕った子も。
クロベンケイガニは、学校でみんなで飼育しています。

それから、荒川下流で見られる代表的な魚、
マハゼとボラの身体のしくみをじっくり観察して
スケッチしたり、身体の特徴の違いを比較しました。

マハゼは水底にいるので、
水底で安定するような扁平な身体、
泥の上で目立たないよう保護色をしています。
ボラは水面近くにいるので、
早瀬で安定するよう、速く泳げるよう、紡錘形をしています。
生き物の姿形はさまざまですが、
それにはそれぞれ理由があるんですね。
そんなことを皆で考えました!(星)

トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント