CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«ゴミ拾いの成果 | Main | 荒川が好きな人は"笑顔"を守る»
プロフィール

荒川クリーンエイド・フォーラムさんの画像
カテゴリアーカイブ
<< 2019年01月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/araclean/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/araclean/index2_0.xml
2/15報告・連絡会パネルディスカッション開催 [2013年02月16日(Sat)]
2月15日(金)北とぴあ 会議室において
荒川クリーンエイド・フォーラムの報告連絡会を開催しました。
荒川クリーンエイド・フォーラムを実施いただいた団体の方、関係の方を中心に46名の方にご参加いただきました。
130215houkoku1.JPG

国土交通省荒川下流河川事務所の波多野所長様のご挨拶に続き、
荒川クリーンエイド2012の報告と、パネルディスカッションを開催しました。

【第1部】荒川クリーンエイド2012報告会
1)出席者紹介
 出席いただいた方にお名前を自己紹介いただきました
2)荒川クリーンエイドゴミ調査結果報告
3)会場からの報告
130215houkoku2.JPG
(株)チームビルディングジャパン代表の河村甚さまより、
荒川クリーンエイド・フォーラムと協働して荒川でゴミを拾うゲームをしながらチームビルディングを養うプログラムを開発して、実践したこと。またNPOもこのような開発が必要であることなどをご報告いただきました。
 
 
 
 
 
 
 
4)功労者賞表彰
荒川クリーンエイド2012で特にご尽力いただいた団体さんに
功労者賞を贈呈させていただきました。
130215houkoku3.JPG


【第2部】パネルディスカッション
パネラー:荒川下流河川事務所長   波多野 真樹様
     住友生命保険 調査広報部 CSR推進室長 濱本 信樹様
     小松川自然地里川協議会  稲宮 須美様

まず、それぞれの方に話題提供をいただいた後に、パネルディスカッションを開催。どのような自然地になってほしいか、また市民参加の利用と管理をどのようにすべきか、その課題についてなどをそれぞれの立場からお話いただきました。
130215houkoku4.JPG

荒川下流の河川敷でもこれから始まろうとするアダプト管理の仕組みをはじめ、地域といろいろなセクターが協働してより良い自然地を創っていくことについて皆で考える良い時間を持てました。


 
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/804057

コメントする
コメント