CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«西新井橋近くでのクリーンエイド | Main | 流れ着くゴミ・ゴミ»
プロフィール

荒川クリーンエイド・フォーラムさんの画像
カテゴリアーカイブ
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/araclean/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/araclean/index2_0.xml
クリーンエイドとゴミのワークショップ [2010年11月26日(Fri)]
11月19日、荒川区内の小学校6年生によるクリーンエイドが行われ、
それに続く「ゴミが生き物に与える影響について考える」ワークショップの
サポートに行って来ました。

子どもたちは、この1年間、さまざまな視点から環境問題について考える学習を行い、
荒川学習は、地域の身近な自然に目を向け、守る活動と位置づけられています。

クリーンエイド活動では、粗大ゴミも含め、
干潟やヨシ原を覆いつくすゴミを、意欲的に拾ってくれました!

子どもたちから聞かれた感想は、
・ポイ捨ては絶対にしてはいけない
・ペットボトルがとても多かった
・リサイクルできるものをなぜ捨てるのだろう
・テレビがあってびっくりした
・少しでもゴミを減らしたいと思った
・ゴミを拾うのは意外に楽しかった ほか

ゴミのワークショップでは、みんなが拾ったワーストゴミ20を
@動植物に絡みつくゴミ
Aえさと間違えて飲み込んでしまうゴミ
Bヨシ原や干潟を覆うゴミ
の3つの視点で分類して、
それぞれ、どんな風に荒川の生き物たちに悪影響を与えるのかまとめ、発表しました。

荒川では、動植物が食べたり食べられたりしながらつながり合っていること、
ゴミの影響も、多くの生き物につながっていることに気づきました。

ここから、どんな3学期の学習に発展するのか楽しみです!(星)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント