CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
新潟で働く障がい者による共同受注・共同販売ポータル「新潟ぷちとまと」
あおぞらポコレーションとは・・・

あおぞらポコレーションさんの画像
<< 2011年02月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          
What's New!
カテゴリ
月別で見る
いただいたコメント
peace
プランターカバー (08/16)
万年少年
プランターカバー (08/10)
日本財団CANPAN 山田
帽子ができた! (11/22)
リンク集
http://blog.canpan.info/aopoco/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/aopoco/index2_0.xml
障害者があたりまえに働けるニッポンへ ATARIMAEプロジェクト
presented by NPO Aozora Inc.
引っ越しました [2011年02月21日(Mon)]
あおぞらポコレーション公式ブログは以下のアドレスに引っ越しました。
ブックマーク等を設定してくださっている方は新しいアドレスにご変更いただければ幸いです。
今後ともよろしくお願いいたします!

自動車
あおぞらポコレーション公式ブログ(新アドレス)
http://blog.livedoor.jp/aozora_pocolation/
新潟ぷちとまと [2011年01月21日(Fri)]
「新潟ぷちとまと」
ついに完成&お披露目です。
県内40の福祉事業所による共同販売&共同受注のポータルサイトです。
このシステムの開発には様々な方たちからご協力をいただきました。
この4年間、ワークシェアリングシステムのブラッシュアップを一緒に進めてきたC−netsにいがたのみなさん。
システムのバージョンアップを積極的にご提案くださったBSNアイネットさん。
今回趣旨に賛同いただき、新たにご参加くださった「上越ワーキングネットワーク」と「長岡市障がい者共同販売ネットワーク」のみなさん。
ほかにも、いつもお仕事で私たちを後押ししてくださる企業のみなさんなどなど、皆様のご協力なしにはこのシステムは生まれませんでした。
心から感謝して、今後ますますのご利用・ご愛顧をお願いするばかりです。



ここから、できたばかりの「新潟ぷちとまと」へ入れます。
運用は始りましたが、まだ内容はスカスカです。
それなりに格好がついてきたら、きちんとプレスリリースもして世に出したいと思います。
ですからこれは、「先行お披露目」・・・
何かお気づきの点やご感想などありましたらぜひお聞かせください!
公式ホームページができました! [2011年01月08日(Sat)]


あけましておめでとうございます!

新しい年の始まりと共に、ついにあおぞらポコレーションの公式ホームページができました!(パチパチパチ)
あおぞらのプロフィールや自慢のオリジナルグッズ、各種サービスのご紹介など、いろんな情報がわかりやすく整理されています。
隅々までぜひご覧くださいm(_ _)m

公式ホームページへ
わたし流−My Style− 【第9回】 神田隆史さん [2010年12月13日(Mon)]


− あおぞらではいつも一生懸命な神田さんですが、休日は何をして過ごしているんですか?

 サッカーのアルビの試合を観戦したり、SO(スペシャルオリンピックス)のバスケのチームにも入っていて、毎週練習や試合があります。9月には北信越ブロックの大会で4位になりました。

− 4位ですか。すごい!

   お仕事では今月、企業実習に行くそうですね。
 竹尾にある中越通運チルドセンターで3週間働きます。家からは少し遠いですが、外で働くのは初めてなので楽しみです。仕事はやる気が一番大事だと思うので、外に出て自分のやる気を試してみたいです。

− 外で働くことについて不安は?

 不安は特にありません。そのままそこで働くことにもなるかもしれませんが、もしそうならなくてもまた別のところをチャレンジします。
 あおぞらの仲間と離れるのはちょっとさびしいけど、あおぞらはいつかは卒業するところだと思っています。

− 神田さんの将来の夢は何ですか?

 家族と一緒に暮らすことです。そして、夕飯の買い物などをちゃんと一人でできるようにしたいです。

インタビュアー/金子洋二
バリアフリーマーケティングシステム [2010年09月30日(Thu)]
総務省の地域ICT利活用広域連携事業がいよいよ始まりました。
私たちが提案したのは「バリアフリーマーケティングシステム」というもの。聞いたことない言葉だと思いますが、障がいというハンデをものともせず、ちゃんとした条件の仕事を請けたり、よいサービスや商品を提供できるようになることを支援するシステム、そんな意味合いです。

今日は初めての地域協議会を開きました。


参加団体は、新潟市、長岡市、上越市、C-netsにいがた、長岡市障がい者共同販売ネットワーク、上越ワーキングネットワーク、そしてコーディネートを担当してくれる新潟NPO協会の計7団体。これらのネットワークに加盟する作業所の数は全体で40に上ります。

私たちがC-netsにいがたで積み上げてきたワークシェアリングのノウハウが、さらに洗練されたシステムとなって全県に(さらには全国に!?)広がっていくのです。ちょっと(かなり)わくわくしますね!


上越の小林さんと長岡の涌井さん(その後ろにちょっと隠れてC-netsの寺口代表!)です。やっぱりこの3人は熱い! 先々のことまで考えたとてもよい意見交換ができました。
職員会議 [2010年09月06日(Mon)]
週一回開かれる職員会議。
限られた時間を有効に使えるよう、毎回ちょっと工夫をしてやっています。
今日のテーマは「情報共有における具体的な問題点と対応」
前回の会議ではいろいろな組織の課題が出てきましたが、その中でも情報共有の改善が最も優先順位が高いとみんなが一致し、さらに具体的に掘り下げるためのワークショップを行いました。



「あんなことがあった」
「こんなことがあった」
とみんなで具体的な問題を出し合って整理すると、不思議と解決策もぼんやりと見えてきました。
My Style: 小倉敏幸さん [2010年08月16日(Mon)]


− キャンプはどうでしたか?
 楽しかった。特に新しいレクレーションが。悪いお化けにつかまらずにゴールできたからね。
 困ったのは調理の時。まな板とか道具が足りなかった。
 蝉の幼虫を見つけてズボンにつけといたら、そこで羽化を始めちゃった。動かずにずーっと見ている羽目になった。

− 夜中までずっと見守ってましたよね? 虫が好きなんですか?
 ヘビでもなんでも、動物は子どものころから大好き。友達が少なかったから、よく虫取りをして遊んでいた。

− 今は周りに仲間がたくさんいていいですね。
 そうだね。心の底から話ができる仲間も何人かいるよ。

− 仕事は楽しいですか?
 全然嫌じゃないし、悪いこともない。
 できれば、生き物を採ったり調べたりする仕事ができるといいな。あと興味があるのはものを作る仕事。

− どんなものをつくりたいですか?
 お皿とかマグカップとか植木鉢とか。でも、作ったものを売ることには興味ないんだ。

− いい作品だからどうしても売ってほしい、という人が現れたらどうします?
 その人が心からほしいと思っていることが伝われば売ってもいい。それは雰囲気でわかる。

− なるほど。さすがアーティスト!

インタビュアー/金子洋二

(右:小倉さんの体についたまま羽化した蝉)

プランターカバー [2010年08月02日(Mon)]

 あおぞらポコレーションれんが館の木工端材でつくる、ログの風合いがおしゃれなプランターカバーです。大きなものから小さなものまで、ご要望に応じて全てハンドメイドします。1個から注文可。まずはご連絡を!
おばけまつり [2010年07月30日(Fri)]

あおポコキャンプ2010
いろいろ他の場所も探したんですが、結局今年も高柳のじょんのび村でやることになりました。一番のびのびと自由に過ごせるのがいいところです。
そこでせめて、夜のレクレーションはいつもと違うことをやろう!ということになりました。
一案として出たのが、以前やってた「きもだめし」。
スタッフがお化けに扮して森のあちこちに待ち伏せし、メンバーを驚かすというもの。
当時はそれなりにもりあがってました。


でも、せっかく復活するなら、ちょっと変わった形にしたい。
「全員がお化けから始めたら?」
無責任な提案から妄想がどんどんふくらんで・・・
とうとう「ハイパーきもだめし」ついには「おばけまつり」と名前が変わっていきました。

筋書きは割とシンプル。
まず、全員が銘々考えたお化けに変身して焚き火の周りに集まります。
地図を片手に、夜の森に住むお化けの王様とお化けの女王様を探して出発!
二人から魔法の玉をもらい、キャンプに帰ってくるというもの。
キャンプには魔法使いがいて、人間に戻してくれます。
人間に戻るとスイカと花火まっている!というわけ。

しかし、森にはそれを邪魔する悪いお化けがうろうろしていて、つかまるとせっかくもらった玉を取り上げられてしまいます。当然、森には悲鳴がこだまします(笑)


そんなお化け騒ぎの陰で、ひとつの事件が起こっていました。
蝉の幼虫を見つけた虫好きのメンバーが自分のズボンにくっつけたところ、なんとそこで羽化を始めてしまったのです!
彼はその後、ず〜〜っと夜中までじっとして、蝉の羽化を見守ることになりました。
ひとつの命が飛び立つ瞬間。
キャンプ村には静かな感動が広がりました。


羽化したばかりの蝉。
透き通るような体がほんとにきれいでした。
My Style: 須田好美さん/本間宏資(こうすけ)さん [2010年04月05日(Mon)]
この春、あおぞらから初めて社会人が生まれました。須田好美さんと本間宏資さんは、二人とも4月1日から新潟市内の高齢者の施設で働きます。あおぞらを卒業する2人に今の気持ちを聞いてみました。


須田 好美さん
 就職する前に健康診断を受けなきゃいけないんだけど、どんなことをするんだろう? ちょっと心配です。
 これからは周りにあおぞらの職員がいないけど、がんばります。最初はわからない事も多いと思うけど、慣れてくれば大丈夫です。新しいところで新しい人たちと仲良くできたらいいなと思います。
 お給料は、お父さんとお母さんにあげます。私はキーホルダーがほしいので、それだけ買おうかな。
 あおぞらは卒業しちゃうけど、メンバーも職員のみんなも、私の分までがんばってください。特に原さんにはずっとお世話になりました。ありがとうございました。









本間 宏資さん
 なぜ僕が受かったのか不思議。今でも信じられません。
 どうなるかわからないけど、とにかくやってみます。がんばります! 給料はいっぱい貯金したいです。
 あおぞらもますますがんばってください。
| 次へ