CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
レインボー通信
青森県の知的障害者本人の会「レインボー青森」のブログです。
個性豊かな仲間達の活動を配信していきます。
« 2013年01月 | Main | 2013年03月 »
<< 2013年02月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
日本財団ROADプロジェクト
最新記事
最新コメント

青森支部のボウリング大会 (02/24) 事務局(F)
ざっくばらんに座談会inむつ (11/07) いつもの(F)
本人による本人のための相談会 (10/30) えんどう
家族支援In 弘前 (08/08) 事務局(F)
家族支援In 弘前 (08/08) レインボー青森
本人参加の会議ってむずかしいですね (03/07) 事務局(F)
本人参加の会議ってむずかしいですね (03/07) レインボー青森
大雪! (02/22) 事務局(F)
大雪! (02/22) 事務局
ワークショップwith子育てサポーター (02/21)
雪のカーテン・・・[2013年02月27日(Wed)]
事務局の窓です。
NEC_0292.JPG
ねむのき会館の屋上の雪が垂れ下がって(雪庇)

まるでカーテンみたいになってます。

NEC_0294.JPG

ここまでなることは例年ないですよ。

今日はあたたかいから落ちるかな〜??

つっつきたいな〜

NEC_0295.JPG

窓にぶつからなければいいけど・・

窓割れちゃうからね。



毎日、酸ヶ湯温泉が積雪記録を更新していますが、

とうとう酸ヶ湯温泉にある雨量計が

雪に埋もれてしまったそそうです。

今朝現在、564cmと出ています。

それでも昨日あたりから今日にかけて

お日様もみえて、だいぶ落ち着いてきたみたいです。




Posted by レインボー青森 at 09:24 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
大雪![2013年02月22日(Fri)]
青森市の酸ヶ湯温泉で

積雪515cmを記録したそうで。

昨日から全国ニュースで何度も報道されています。

ちなみに青森市内は今朝の時点で106cm。

酸ヶ湯温泉がすごすぎて

なーんだ。それくらい?

に感じるかもしれませんが、

それはそれでたいしたものです。

雪かきしているそばからどんどん積もってきて

やってもやっても追いつきませんあせあせ(飛び散る汗)

今朝も吹雪でかすかにしか見えない道路を
どうにか通勤してきました車(セダン)

そんな中、

明日2/23はねむのき会館の冬祭りです。

今朝も早くからボランティアの方々が

調理室でお漬物などの準備に余念がありません。

NEC_0288.JPG
↑こちらは会館のお掃除に来てくれている
「障がい者サービスセンターさくら」のメンバーの雪像(?)です。
力作ぴかぴか(新しい)

明日の冬祭りに間に合いました雪


Posted by レインボー青森 at 09:26 | この記事のURL | コメント(2) | トラックバック(0)
ワークショップwith子育てサポーター[2013年02月21日(Thu)]
家族支援プロジェクトワークショップですが、

先日は、青森市子育てサポートセンター

スタッフのみなさんに体験していただきました。


NEC_0291.JPG


青森市の委託事業の「青森市子育てサポートセンター」を

運営する青森市家庭教育サポーター連絡会さんでは

発達に心配のある児童(発達のかたよりや遅れ、

知的障害に心配のある4歳〜中学生)の保護者を

対象に「ファミリー講座うとう塾」を開催しておられるそうで、

その中に家族支援プロジェクトを

取り入れていただけたらと思い、

ご紹介させていただきました。


NEC_0296.JPG

今回は

ベテランファシリテーター新井さんと

ファシリテーターデビューの青森市育成会の鳥山会長に

進行をお願いして、

学習プログラム「親として育つということ」を見ていただいたあと、

「ドーナツのワーク」や「回転木馬」

「わが子の生活はどんな?」などのワーク体験や

他のワークのご紹介などもさせていただきました。


参加された皆さんは

一つ一つのワークの意味や

このワークをすることにより

参加者が何をみつけることができるかなど、

参加者目線とワークの進行目線で

真剣にとりくんでおられました。

といっても、

終始笑顔の絶えない和やかな雰囲気で

さすがにノリのいい明るい方々ばっかりでしたので、

盛りあがりのうちにあっというまの

二時間を過ごされました。


NEC_0300.JPG

(たらーっ(汗)やはり)ここでも育成会の存在は

あまり知られていなかったようで

用意した育成会のパンフレットや

機関誌「手をつなぐ」をご紹介しながら

この家族支援プロジェクトについても

育成会についても

たくさん質問をいただきました。

育成会活動を周知させていただく

いい機会をいただきました。


これをきっかけに

障がいの受け入れを悩まれている保護者の方にも

障がい児の保護者の方にも

ワークを体験していただいて

心を軽くしていただけたらいいですね。



「観光とバリアフリー」についての講演会[2013年02月20日(Wed)]
弘前市で行われる
講演会のお知らせです。

観光とバリアフリーを合わせると
弘前の未来が変わる

〜日本初バリアフリー観光都市伊勢志摩に学ぶ「今できる3つのこと」〜
SKMBT_C22013022009250.jpg

伊勢志摩バリアフリーツアーセンター理事長の

中村元 氏をお迎えして、

高齢者にも障害者にもだれにでも

やさしい観光を実現している実例をお話いただけるそうです。



3月2日(土)13:30〜15:30

弘前文化センター

定員50名

参加費 無料

お申込み、お問い合わせは

弘前バリアフリー調査隊Lier
E-mail hirosaki_lier@yahoo.co.jp
(氏名、電話番号、年齢)
FAX 0172-36-1822

へ直接お願いします。


「伊勢志摩バリアフリーツアーセンター」の

HPを拝見しましたが、

水陸両用の車イスのレンタルや

街のバリアフリートイレマップ、

車イスの方も楽しめる企画などなど

様々な工夫が実践されているようです。


バリアフリートイレといえば、

青森市にある

自立生活センターピアネットさんから

いつもいただく会報には

車いすを利用しているスタッフが

県内または旅先での車いす用トイレを

チェックするコーナーが毎回載っています。

これって本当に必要な情報ですよね。


県外からのお客様には

わずらわしさを感じずに

いい印象をもって

地元を楽しんでいただきたいものです。


興味のある方はぜひぜひ!




Posted by レインボー青森 at 09:23 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
お料理教室[2013年02月18日(Mon)]
レインボー青森・青森支部の行事のお知らせです。

お料理教室

3月10日(日)に

青森市総合福祉センターで開催します。

今回はのメニューは

レストランぎょうざ・ごはん・わかめスープ・もやしサラダレストラン



このメニューは

昨日の青森支部の役員会で

プレゼンに、多数決、ジャンケンと、

あつく激しい議論の末、やっとまとまりましたexclamationあせあせ(飛び散る汗)

NEC_0288.JPG
↑会議の様子



参加費◆会員500円、非会員600円

持ち物◆三角巾・エプロン・ふきん1枚・内履き

定員◆20名(定員になり次第締め切ります)

お申し込み・お問い合わせ◆
青森県育成会事務局までご連絡ください。
電話でんわ 017−738−5122
(いないときは留守番電話にメッセージをお願いします)
メモFAX 017-738-5235








Posted by レインボー青森 at 15:29 | 本人活動 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
防災シンポジウム[2013年02月15日(Fri)]
防災ハンドブックを作成するときに

お手伝いいただいた防災士会さんから

防災シンポジウム

のお知らせです。

SKMBT_C22013021416090.jpg

震災からもうすぐ2年です。

まだまだ復興途中ですが、

平和な日常を感謝しながら

記憶が薄れていかないように、

風化させないためみんなで震災について

考えるシンポジウムです。



入場無料

日にち  3月10日(日)

ところ  アピオあおもり2階

基調講演とシンポジウムの構成になっています。


ぜひご参加ください。



申込用紙は↓こちらのPDFからどうぞ。
20130310 防災シンポジウム リーフレット.pdf





Posted by レインボー青森 at 17:37 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
防災ハンドブック完成しました[2013年02月14日(Thu)]
青森県手をつなぐ育成会では

防災ハンドブックを作成しました!!!

SKMBT_C22013013014150.jpg

A5版のちょっと厚めのツルツルの紙でできています。

だから、ボロボロになりにくいです。

すみっこに穴があいているので

リングやヒモを通して

カベや玄関などにぶら下げてください。

いつも目立つところにおいてあげてください。

そして、ときどき家族や仲間と中を開いてみてください。

SKMBT_C22013010917390.jpg

災害のときに注意すべきことや

準備しておくことなどが

わかりやすい文とイラストで書いてあります。


普段から防災に対する気持ちを意識することが大事です。


SKMBT_C22013010917511.jpg


そして、二つ折りの名刺サイズの「ヘルプカード」もついています。
(↓デカい写真ですけど、実は名刺の大きさなんです)
SKMBT_C22013011015140.jpg

このカードに自分のプロフィールや連絡先などをかいて、

お財布や定期入れなどに入れて持ち歩いてください。

もしも出かけているときに災害にあって

パニックになってしまったとき、

このカードを周りの人に見せて助けてもらいましょう。


今回、このハンドブック作成にあたり

全国の育成会や関係機関の先行例を

参考にさせていただきました。

大変ありがとうございました。


県内育成会会員と全国の育成会の事務局に

お送りしています。


また、育成会会員以外の方でご希望の方には
1部100円でお譲りしていますので、
ぜひお問い合わせください。


青森県手をつなぐ育成会
TEL 017-738-5122
FAX 017-738-5235
E-mail aoikusei@isis.ocn.ne.jp




Posted by レインボー青森 at 16:18 | お知らせ | この記事のURL | コメント(2) | トラックバック(0)
青森市育成会研修会のお知らせ[2013年02月07日(Thu)]
青森市手をつなぐ育成会の

平成24年度研修会

が開催されます。


日時 平成25年3月6日(水)
    10時〜12時30分

場所 しあわせプラザ 3階 大会議室

テーマ 「地域で暮らすこと・高齢になること」
     〜医療・生活不安に思うこと〜

問題提起者 奥崎 榮二 氏
         (藤ヨゼフハウス 施設長)
      寺田 利則 氏
         (障がい者サービスセンターさくら 理事長)
      小畑 敦 氏
         (青森月見寮 寮長)

オブザーバー 青森市役所(障害者支援課)


日程   10:00  開会
     10:10  問題提起(各15分)
          休憩
     11:05  ディスカッション
     12:30  閉会


詳しくはこちら↓(PDF)
SKMBT_C22013020616130.pdf


問題提起者の皆さんは

長年、青森市内で

地域に根差した活動をされてきて、

それぞれ経験豊かな方ばかりですね。


3事業所とも実際に60代以上の

利用者さんがおられる施設ですから、

グループホーム、通所事業所、入所事業所の

それぞれの立場からの

現状、経過、課題など非常に興味深いです。



参加費は無料です。

お申し込みは 青森市手をつなぐ育成会 まで

電話
090-9631-8199 (鳥山)
090-9631-8248 (吉田)
     







Posted by レインボー青森 at 09:33 | 地域の育成会 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
プロフィール

レインボー青森さんの画像
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ