CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
レインボー通信
青森県の知的障害者本人の会「レインボー青森」のブログです。
個性豊かな仲間達の活動を配信していきます。
« 「観光とバリアフリー」についての講演会 | Main | 大雪! »
<< 2017年07月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
日本財団ROADプロジェクト
最新記事
最新コメント

青森支部のボウリング大会 (02/24) 事務局(F)
ざっくばらんに座談会inむつ (11/07) いつもの(F)
本人による本人のための相談会 (10/30) えんどう
家族支援In 弘前 (08/08) 事務局(F)
家族支援In 弘前 (08/08) レインボー青森
本人参加の会議ってむずかしいですね (03/07) 事務局(F)
本人参加の会議ってむずかしいですね (03/07) レインボー青森
大雪! (02/22) 事務局(F)
大雪! (02/22) 事務局
ワークショップwith子育てサポーター (02/21)
ワークショップwith子育てサポーター[2013年02月21日(Thu)]
家族支援プロジェクトワークショップですが、

先日は、青森市子育てサポートセンター

スタッフのみなさんに体験していただきました。


NEC_0291.JPG


青森市の委託事業の「青森市子育てサポートセンター」を

運営する青森市家庭教育サポーター連絡会さんでは

発達に心配のある児童(発達のかたよりや遅れ、

知的障害に心配のある4歳〜中学生)の保護者を

対象に「ファミリー講座うとう塾」を開催しておられるそうで、

その中に家族支援プロジェクトを

取り入れていただけたらと思い、

ご紹介させていただきました。


NEC_0296.JPG

今回は

ベテランファシリテーター新井さんと

ファシリテーターデビューの青森市育成会の鳥山会長に

進行をお願いして、

学習プログラム「親として育つということ」を見ていただいたあと、

「ドーナツのワーク」や「回転木馬」

「わが子の生活はどんな?」などのワーク体験や

他のワークのご紹介などもさせていただきました。


参加された皆さんは

一つ一つのワークの意味や

このワークをすることにより

参加者が何をみつけることができるかなど、

参加者目線とワークの進行目線で

真剣にとりくんでおられました。

といっても、

終始笑顔の絶えない和やかな雰囲気で

さすがにノリのいい明るい方々ばっかりでしたので、

盛りあがりのうちにあっというまの

二時間を過ごされました。


NEC_0300.JPG

(たらーっ(汗)やはり)ここでも育成会の存在は

あまり知られていなかったようで

用意した育成会のパンフレットや

機関誌「手をつなぐ」をご紹介しながら

この家族支援プロジェクトについても

育成会についても

たくさん質問をいただきました。

育成会活動を周知させていただく

いい機会をいただきました。


これをきっかけに

障がいの受け入れを悩まれている保護者の方にも

障がい児の保護者の方にも

ワークを体験していただいて

心を軽くしていただけたらいいですね。



この記事のURL
http://blog.canpan.info/aoikusei/archive/431
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/805732
 
コメントする
コメント
Fさま

そうなんですよ!
育成会の認知度の低さを
ひしひしと感じます・・(T_T)

でも、家族支援が
育成会の啓発のきっかけに
つながってくれるでしょう。

あと、
先ほどはパワポ資料
ありがとうございました。

これも活用できるように
来年度の事業計画に
もぐりこませたいと思います(^^♪

Posted by:事務局  at 2013年02月21日(Thu) 15:02

すご〜い!!
さすが、えんどうさん、新井さん、青森市の会長さんですね。
育成会を知っていただくためには素晴らしい事ですよね!

でも、山形もそうですが、知的障害者の団体としては
国からも第一の団体として認めていただいているはずの
手をつなぐ育成会が地元の関係団体やお若い親御さんから
知られていないって、事務局にいる身としてはなかなか
辛いものがありますよね・・・

これまで、若い方にたいして啓発活動をおろそかにしていたという
事なのでしょうが・・・
いまさらそんなことを言っても始まりませんし
これからどう知っていただくかということが大事なのだと思います。

山形も青森をみならってがんばります。
また色々教えて下さいね。
Posted by:事務局(F)  at 2013年02月21日(Thu) 11:06

プロフィール

レインボー青森さんの画像
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ