CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年04月 | Main | 2019年06月»
中学生のあいさつに [2019年05月31日(Fri)]
「こんにちは」
帰宅途中の国分中の生徒達から次々と声をかけられました。大変嬉しいことでした。部活帰りの中学生でしょう。さくら歯科付近で徒歩帰宅中の事でした。方向的に本校の卒業生でしょう。
こんな生徒達に青葉の子どもたちが成長していることに大変うれしくなることでした。

「こんにちはのあいさつに 青葉の子らの成長の姿を見 うれしくてこちらも元気にあいさつ 卒業生の中学校での学びを応援します」

IMG_2721.JPG
思いやり週間に寄せて〜思いを形にして伝える(全校朝会にて) [2019年05月30日(Thu)]
本校では、5月27日(月)から5月31日(金)まで、思いやり週間と名付けて、「@人権について知る活動 A人権に関する授業実践 B保護者への取り組み紹介 C職員のミニ人権学習」を実施しています。
 早速この思いやり週間を前に、24日(金)の学年集会で、各学年で人権についての講話やアイスブレーキングなどの活動を行いました。どの学年も、それぞれの講話の内容など工夫して実施していました。4年生の学年集会の場に行った時、ちょうど3人グループを作る活動をしていて、一組だけ2人組にしか出来なかったようで、担任のK先生がすぐ「校長先生いいですか」とその二人組の子どもに加わって3人グループを作って座りました。K先生は「今の様子を見て気がついたことがありますか」と、とっさの出来事を例に「思いやり」について子供たちに気付かせていました。

さて、翌週27日(月)は全校朝会での、思いやり週間についての講話です。思いやり週間は人権について考える週間ですが、子供たちにまず身近なところで、青葉小の子供たち同士のことについて考えさせようと思い、次のようなことを話したところでした。

全校朝会(思いやりの心〜思いを形にする)
1 今回のテーマ「思いやりの心〜思いを形にする」
 〇「思いやりの心」
   この言葉には,「相手のことを思う」という意味があります。友達や周りの人が置かれているその状況で,相手がどんな思いをしているか推し量るということです。それは,自分中心でなく,友達の立場に立って考えると言うことですね。友達の立場になって考えるということは,「何か困っているかもしれないなぁ。大変な思いをしているかもしれないなぁ」と想像することです。
 「思いやり」というのは,相手の立場に立って想像するだけで終わる事ではありません。こまっているかなぁだけで終わるのでなく,実際に,相手のために動くことです。「相手への思いを形にすること」です。

〇 うれしかった出来事
   そんな行動を皆さんがよくやっているのを見かけます。先月の登校途中のことでした。校長先生が朝の登校指導をしていたときのことです。ある友達が、南門近くを歩いているとき、転んでしまい、あまりにも痛くて、泣き出してしまったようです。同じ時間帯に登校していたお友だちが何人か、すぐ駆け寄って行って、「大丈夫?」「痛い?」と声を掛けていました。ある男の子は、横断歩道前で登校指導していた校長先生のところまで走ってきて、知らせてくれました。「校長先生、倒れて、立ち上がれないみたいです。」何とか助けてあげてくださいという気持ちで教えてくれたのです。その後、その倒れた友達は何とか立ち上がりましたが、それでもひざが痛くて泣き続けています。そんな時、周りにいた友達が、ランドセルや他の道具をもって、学校まで励ましながら登校していく姿を見ました。校長先生は,その姿を見て,とてもうれしくなりました。友達や下級生の気持ちになって,声を掛けたり・助けを求めたり・道具をもってあげて登校するその姿に,校長先生の心もあったかくなりました。校長先生にも小学校の時、高学年のお兄さん達からとても親切に嬉しいことをされた記憶があります。そのお兄さんたちのことは大人になった今でも覚えています。   
〇 「思いやりの心〜相手の立場に立って,相手への思いを形にする」
 みなさんも,友達や下級生,青葉小学校で一緒に生活している仲間として,「相手のことを考え,相手のために行動できる人」になってほしいと思います。今日27日(月)から31日(金)までは「第1回目の思いやり週間」です。思いやり。自分の思いを友達の立場に立って届ける。そんなことに気を付けて過ごしましょう。
 「ありがとう 伝えて広がる思いやり 言われて開く笑顔の花」この人権の花運動の標語のように「笑顔の花」をたくさん咲かせましょう。

「青葉の子らに 他者の痛みが分かり 心豊かな優しき子に成長して欲しいと願いつつ 今日も子らの笑顔に 幸せの花開く青葉小かな」

5.27思いやり週間掲示 002.JPG
地域の中の学校として〜東襲山地区慰霊祭・学問神社祭 [2019年05月29日(Wed)]
先日26日(日)午前中の愛校作業を終え、その後すぐ、隣接校国分北小の運動会参観。そして、午後2時から、東襲山地区自治公民館長のMさんからの御案内があり、表題の慰霊祭・学問神社祭に参加しました。

慰霊祭では、日清戦争・日ロ戦争・太平洋戦争で尊い命をなくされた方の慰霊の祭事。慰霊祭の内容を詳しく知らなかった私は、慰霊碑をみて衝撃をうけました。この慰霊碑を建てられた方々の思いをひしひしと感じることでした。慰霊祭の中で、あいさつされたお二人の「今の時代の平和を守っていきたい」ということばが心に染みました。

そして、引き続いての学問神社祭。奇しくも、本校赴任前の中学校で福岡の太宰府天満宮と東京の天満宮を参拝したことがあり、この地で「学問神社」があることに不思議な縁を感じました。この学問神社、頂いた資料によりますと、1279年(弘安2年)に建立され、約736年前創建されたとのこと。地域の代表の子どもやPTA代表の方もいらして、祝詞を聞きながら、この地の学問神社の歴史と、それを支え守り続けてきた地域の願いを想像し、あらためて身の引き締まる思いがしました。そして、青葉の子らのため、また、この青葉の地域のため、力を尽くそうと心新たにしたのでした 。

「慰霊碑と学問神社の祭壇を前にして 平和への祈りと 数百年にわたり守り支えてきた地域の学問への願いに思いを寄せ これからを生きる子達の未来へと 心新たに誓った日かな」

0526慰霊祭・学問神社祭 006.JPG

0526慰霊祭・学問神社祭 005.JPG

0526慰霊祭・学問神社祭 001.JPG

その機動力に感謝〜親父の会パワー [2019年05月28日(Tue)]
先日26日(日)の愛校作業時、目立ったユニフォーム。親父の会のメンバーの面々です。早朝の除草作業。そして、トラックでの運搬。学校の顔である正門周辺、特にばらの蔓が伸びてきている「夢のかけはし」部分も選定して頂きました。

先日交流懇親会に参加できなかった方々や新メンバーの方々も含めての活動に、その機動力に大変感謝するところです。おやじの会のK会長を始めとしたメンバーの皆さん、大変ありがとうございました。

「青のTシャツの背中の文字のごとく 子らの為 ここにも汗流す協働チーム青葉の親父の会 親父のこの頑張りを ここで皆さんに伝えたい 感謝感謝」

0526PTA愛校作業 008.JPG
0526PTA愛校作業 022.JPG
0526PTA愛校作業 020.JPG
ありがとうございました〜PTAリサイクル活動・愛校作業 [2019年05月27日(Mon)]
この土日続けて、PTAリサイクル活動・愛校作業が2日間にわたって連続で実施されました。
愛校作業は一週間前に実施予定していたものを、雨天のため延期したものです。そのため、二日間連続でのPTA活動となりました。連続の活動ではありましたが、多くの保護者の皆様にご協力いただき大変有難うございました。

おかげさまで,各家庭・地域にある資源がリサイクルに生かされ,その益金がPTA収入として,子どもたちの教育活動に生かされます。また、例年の事ながら,子供たちや職員だけでは日頃の活動で行き届かないところを愛校作業できれいにしていただきありがとうございます。5年生の父親の皆さんには米作り準備のための田んぼの畦起こしもしていただきました。校庭の草払いについては、全体作業は8時からでしたが安全確保のため7時からの早い時間帯から御協力頂きました。おかげさまで,学校がより一層きれいになり,子供たちも,学校生活を気持ちよく迎えることができます。

「連続のPTA活動に参加する保護者に ありがとうございますと 子らの学びのためのご協力に ただただ感謝感謝かな」

20190525PTAリサイクル活動 005.JPG

0526PTA愛校作業 002.JPG

0526PTA愛校作業 051.JPG

0526PTA愛校作業 040.JPG

0526PTA愛校作業 059.JPG
それ何ですか〜緑のカーテン [2019年05月26日(Sun)]
4月赴任時に聞いた言葉「緑のカーテン」
思わず「それ何ですか」と聞き返しました。何となく想像は出来たのですが、職員室と校長室の校庭側に、ゴーヤの蔓を這わせるとのこと。目的は、環境緑化の観点から。そして、本校の南側校舎は直接の日射で(クーラーがないので)とても熱いので日よけの役割を持たせるためとのこと。

そんなある日。職員室・校長室の校庭側の部分の草が刈り取られていました。ある担当職員が、愛校作業時に緑のカーテン作りをするので、その前に下準備をと自主的に作業をしていたのでした。そして更に4・5日したら、同じく学校緑化担当のS教諭の姿が見えました。ゴーヤを植えるため、耕耘機で耕していたのです。

こうした、担当職員の自主的な下準備作業があって、愛校作業時は、職員が協力して両教室の廊下にゴーヤ植えのための準備が整ったのでした。早速月曜日にはゴーヤの苗を子供たちが植えました。これから夏場にかけて、どんなグリーンカーテンが出来るのかとても楽しみにしているところです。

「主体的に動く職員一人一人に 感謝して 夏の青空に広がるゴーヤのカーテン思い浮かべ
協働チーム青葉小の緑の青葉を重ね見る」

20190522 176.JPG

0526PTA愛校作業 010.JPG

5.27グリーンカーテンゴーヤ植え 003.JPG



命を守る授業~学びを生かす [2019年05月24日(Fri)]
先日13日(月)に、「不審者対応訓練(子ども110番の家駆け込み訓練)」を実施しました。全校児童一斉に行う学校もありますが、本校は、低・中・高学年で、それぞれ2・3・4校時に実施染ました。

子供たちは毎年実施しているので、ある程度は分かっているようでした。特に県内どこの学校でも指導している「いかのおすし」
●いか・・・・ついて行かない
●の・・・・・(知らない人の車に)乗らない
●お・・・・・大声で助けを求める
●す・・・・・すぐ逃げる
●し・・・・・知らせる
これについてはほとんどの子が理解しているようでした。

当日、指導に来校して頂いたのは、霧島警察署の3人の方々です。
不審者役をいろいろなケースに分けて、各学年の代表の子供たちが、登下校中の声掛け事案を想定して実施しました。

感心したのは、子どものグループの中で、防犯ブザーを実際に鳴らして危険を知らせる行為を行った子供たちがいたことです。びっくりしたのは、過去こういった不審者にあったことがあるという子供たちが数名いたことです。青葉小校区は不審者情報はほぼ無いと聞きましたが、安心してはいけないと思うことでした。

警察署の方々の指導について、どの子も真剣に学習していたところです。まとめでは、各学年部の担当教諭から今後の注意事項について指導しました。

私も、当初校長が話す計画ではありませんでしたが、ひとつしかない自分の命を守ることや想定外のことがあっても学んだことを活かせるようにすることなどについて話をしました。
これからも、こういった不審者情報への対応について、繰り返し指導の場を設けたいと思います。
御家庭でも、もし不審者情報等ありましたら、すぐ、学校・警察にお知らせください。

「不審者対応で 日々の登下校の安全願い 子らの危機対応能力高めた訓練かな」

20190513不審者子ども110番 004.JPG

命の尊さに [2019年05月23日(Thu)]
連休明けの8日(水)、滋賀県の大津市で歩道を歩いていた近くの園児の列に車が突っ込み、尊い幼い命が失われるという痛ましい事故が報道されていました。

学校では、先月4月に交通教室を開きました。指導された市の担当の方が「自分の命は自分で守る」ということを強くおっしゃつていました。報道では「歩道にいたのに車が突っ込んでくるなんてあり得ない。防ぎようがない」という声も流されていました。
確かにその通りです。ですが私たち子供を預かる学校では、「子供の安全を守る」ための最善の努力をしないといけません。更にその上で、子供たちの危険予知能力を身に付けさせることも必要です。それが「KYT」教育といわれる「危険予知能力を身に付け実践できる力」を身に付けさせる教育です。
交通教室の際子供たちに、「自分の命は自分で守る」「(高学年には)危険予知能力を身に付ける」だいじょうぶではなく~かもしれないと考えて動く」と話したところです。

「尊い命に 事故の悲しみに会わないよう 手を合わせた日 今日も子らの笑顔をと願った日」
IMG_2606.JPG
「青葉の笛」の学習に思う [2019年05月22日(Wed)]
5月13日(月)の総合的な学習の時間(4年生)に、「青葉の笛」についての学習をしました。
場所は3階多目的ホール。

1校時に実施予定ということで、いつもの校内授業巡視をしながら、3階の多目的ホールに向かいました。すると、なにやら笛の音が聞こえてきます。

ちょうど、子供たち一人一人が、横笛を使って音を出す学習をしていました。指導されていたのは、「神舞保存会」で毎年子供たちに御指導頂いているKさんや関係の保護者の3名の皆さんです。

笛の吹き方について、具体的に指導を受けた子供たちは、音色は若干違いますが、3階に響くいい音を出していました。

私は、「地域の中の学校」「地域あっての学校」として、学校経営の中に、こうした地域の伝統や行事を守り受け継いでいくことに全面的にバックアップしていきたいと思っています。
当日の朝、お仕事がある中、こうして時間を割いて頂いて、子供たちに伝える活動をして頂いていることに大感謝することでした。

「ここ青葉の地に伝わる伝統を 教え繋いでいく活動と それを支える皆さんに感謝して 校舎に響き渡る笛の音に これからも恋々と伝え続くことを願った伝統の音かな」

20190513青葉の笛指導tZb 008.JPG

20190513青葉の笛 002.JPG

この結束力に「協働チーム青葉小」〜青葉小おやじの会交流会 [2019年05月21日(Tue)]
前日5月18日(土)は、予報通りの雨天。PTA主催の愛校作業は、やむなく一週間後の26日(日)に延期しました。
そして、愛校作業後に計画していた、ソフトボール交流会も中止。引き続く懇親会も中止かと思って確認したところ、こちらの方は実施と分かって、参加。場所は、昨年度に同じく久保田公民館

さて、どんな形で始まるのかと楽しみにしていたところ、K会長の挨拶に引き続き校長挨拶依頼。県内各地で親父の会が開催されていることや、自分が志布志の教頭時代に関わった親父の会のこと、また、前夜に鹿児島市のある知人が関わっているT小おやじの会の出発交流会などがあったこと、更に、おやじの会の意義などについて挨拶させて頂きました。

さて、この後は、参加された皆さんと、子どものこと・学校での活動のこと・過去の活動のことなど、参加された皆さんとたくさんたくさん語ることが出来ました。職員も参加していて、担任の立場や一職員としての立場などでも交流を深めていました。この日の交流懇親会を通して、またまた新たな繋がりが出来、「協働チーム青葉小」の新たなチームとして「協働チーム青葉小親父の会」と密かに名付けたのでした。参加された皆さん、アルコールも入って上機嫌。参加された皆さんが口々に「青葉の子どものために」と話されていたことがとても印象に残りました。

年間を通しての参加でなくても、都合の付くときの参加でもよいとのこと、青葉小の親父の皆さん、これからの参加も大歓迎だと思います。どうぞ、子どものためにと、御参加ください。

「親父の会 子らの幸せ願って活動することをいとわない親父達 チーム青葉の親父の会に 今年一年の活躍に期待寄せてほろ酔い気分の公民館かな」
参加された皆さん ありがとうございました。


IMG_2719.JPG


| 次へ