CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年06月 | Main
胸うたれて感動〜子供たちの歌声「虹」に [2019年07月11日(Thu)]
先月6月8日(土)の土曜授業での児童集会でのことです。

学校によって児童集会のやり方は様々ですが、本校では、全校児童が体育館に集まって実施します。流れは、「@朝のあいさつ、A今月の歌、B学年の発表、C委員会の発表、D先生方から」となっています。

総務委員会の児童が緊張する中にも進行カードに沿ってアナウンス。
この日の学年発表の5年生や保健委員会・生活委員会のお知らせ・お願い等、それぞれが準備・練習していたものを一生懸命発表していました。

さて、その中で、何気に聞いていて思わず胸にじーんときたものがありました。
それは、全校児童で歌った今月の歌「虹」です。

 庭のシャベルが一日濡れて
 雨が上がってくしゃみを一つ
 雲が流れて光がさして
 見上げてみれば
 ラララ にじがにじが
 空にかかって
 君の君の気分も晴れて
 きっと明日はいい天気
 きっと明日はいい天気

子供たちが歌った一番の澄み切った歌声に、胸うたれたのでした。
音楽担当のK教諭に聞くと「今月の歌」とのこと。子供たちのステキな歌声が、その日の朝も教室から、校長室まで届いていました。

最近虹をみたことがないなと思いながら、この青葉の田園地帯にかかる虹の姿を思い浮かべながら、子供たちの素晴らしい歌声に感動しました。
そして、想ったこと。「この青葉の子らとの出逢いを大切にして この子供たちの健やかな成長のために力を尽くそう」と。

「出逢いの歌に感動し 改めて誓ったあの日の歌声 子らの学びに関われる幸せよ」

20190608 003.JPG

20190608 005.JPG





 
| 次へ