CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年06月 | Main
大雨警報対応の集団下校実施(1年生通常時刻下校、2〜6年生5校時・帰りの会終了後) [2019年07月01日(Mon)]
表題の通り、本日、集団下校を実施します。

12時過ぎから、校区内の状況を実際に車を走らせ、河川等の状況等確認しました。また、雨雲レーダーの今後予測や市の避難勧告・市教委からの対応連絡を踏まえての判断です。

下校前に子供たちへの安全指導は十分行いますが、御家庭でも、河川や用水路・側溝に近づかないなど、十分な指導をよろしくお願いいたします。

なお、今朝の大雨で正門前の師道は通行止めとなりました。現在、一時解除されてようですが、雨が続くのであさって3日くらいまでは通行止めにする旨も聞いていたところです。

明日・明後日、もし大雨で子供さんを車で送迎する必要が出てきた場合は、通行できくなっていることも想定して、安全第一の対応をよろしくお願いします。
(通行できない場合は、今朝と同じように南門を開けて、子供たちの登下校に南門を利用できるようにする予定です。)

御理解・御協力よろしくお願いします。

20190701大雨警報時の校区内河川 003.JPG

20190701大雨警報時の校区内河川 007.JPG

20190701大雨警報時の校区内河川 019.JPG
ふれあい給食で [2019年07月01日(Mon)]
本校の給食は自校方式です。子供たちは毎日の給食を楽しみにしているようです。私も本校の給食を検食の時間に美味しくいただいています。

さてそんな美味しい給食の時間、「ふれあい給食」という取り組みをしています。
これは、1~3年生の下学年と4~6年生のペア学級を決め、1階にあるランチルールで交流学級が一緒になって、更に数名程度ずつのグループを異学級の子供たちで作って一緒に給食を食べるのです。
 先々月の5月7日から24日までの実施期間の日に、子供たちの様子を参観しました。子供たちは各グループで楽しげに交流しているところでした。よく見ると、机上に上手に作ったやや大きめのサイコロの箱の面に「好きなことは」とか「○○は」などと書いてあります。そのサイコロをふってお互いのことを知り合い、交流を深めるための工夫です。
聞いてみると、そのサイコロは給食委員会の子供たちが準備したものとのこと。

こんなふれあい給食を通して、子供たちの上学年・下学年のつながりができます。本校の校訓「思いやり」をより具体化する取り組みです。
御家庭でもこのふれあい給食のことについてふれてみるのもよいかと思います。

「ふれあい給食で はじめて知ったお兄さん・お姉さん・妹・弟 お互いを知り よりなかよく 思いやりの心を育てる仕組みに感心す」
20190510ふれあい給食 001.JPG
| 次へ