CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 読書 | Main
なすことによって学ぶ〜児童総会を通して [2019年07月17日(Wed)]
先月6月12日に4・5・6年生全員による児童総会を実施しました。

この児童総会は小学校における特別活動の学習としてどこの小学校でも実施しているものです。
子供たちが学校生活に関する問題の中から自と児童総会の議題として取り上げ、各学級で問題について話し合い、総会では、各学級の代表児童が学級で話し合われたことを発表します。
そして、無はっゐ゜ょうされた内容について、爽快の場で4・5・6年生全員で考え、全校で取り組んでいくことを決めるのです。

総会の最後には、「校長先生から」としてまとめの言葉があります。
原稿として考えていたことは、以下の通りです。
1 児童総会のねらい
@ 学校生活における問題が何かと言うことを考えること。
A その問題の解決策を一人一人が考えること
B その解決策を更に学級単位で考え,よりよい解決策を考えること
C 更に,各学級で考えた解決策を,4〜6年生全員が参加する児童総会で話し合って決定していくことです。
2 児童総会で話し合う意義
○ 学校生活に関することの問題の解決方法には代表委員会による話し合いがありますよね。
○ それを今日のように,4〜6年生全員で話し合って決めるというのは,何故でしょう。考えてみてください。
○ 大人の社会でも,例えば霧島市には,霧島市議会という仕組みがあって,市民の代表と呼ばれる方々が市民の生活に関する問題などを取り上げて解決していききます。代表委員会の仕組みは,その議会制度に似ているところがあります。
 ○ 今日の児童総会での問題解決のやり方は,代表委員会での解決という方法以外に,よりみんなにとって切実な問題をみんなで考えて,その後,代表委員会のように代表の人だけに任せて決めていくのでなく,ここにいる皆で考えていくと言うことに大きな意味があります。
● それだけより切実な問題であるかどうか,全員で話し合って決めた方が良い問題かどう,という視点が必要です。
● また,各学級で考えた解決策は,それぞれの学級で一生懸命考えて決めてきたことです。代表委員会で解決する問題については,自分の学級で考えたことしか分かりませんが,この児童総会での気話し合いを通して,他の学級でどのように考えているのかとより広く考えを知ることが出来ます。また,解決方法についても,より多くの児童の皆さんで,知恵を出して解決することが出来ます。
● 同時に,より切実な問題をここにいる皆で考えていくという活動を通して,より一層,この問題に関わろうという意識を持つことができます。
● そういった意味で,今日の児童総会は,とっても大事な話し合いの場になるんですね。

3 本日の児童総会の感想
 @ 気話し合いのテーマについて
 A 話し合いの仕方について(司会団,話し合いのルールなど)
 B 話し合いへの参加の態度について
  ○ 友達の考えや意見を聞く
  ○ 自分の考えを述べる
  ※ 積極的な傾聴と発表
ということを話す予定にしていましたが。
子供たちが総務委員会の子供たちを中心にして、実に主体的に話し合い活動を進め、真剣に自分のこととして進める姿がたくさん見られたので、そのことを取り上げて子供たちを褒めました。

また、児童総会を運営するための下準備も大変だったろうなと思わせるものでしたし、議長団の子供たちの動きも大変素晴らしかったので、総務委員会の子供たちのことを全員の前で褒めたのです。その時の司会進行していた子どもが大変嬉しそうにしていた姿がとても印象に残りました。

子どもは褒めて伸ばしていきたいものだと思うことでした。

「なすことによって学んだ子供たちに 拍手を送り これからの青葉小をよりよくしよう より楽しく過ごせ寝る青葉小にしようと 子らと共に考えた児童総会かな」

20190612児童総会 016.JPG
交流学級の読み聞かせ [2019年07月16日(Tue)]
先月6月のことですが、ブログで以前紹介した校内読書旬間初日の6月10日(月)に「交流学級の上学年による下学年への読み聞かせ」を実施しました。

前任校でも、中学生が小学生に読み聞かせをする読書活動を実施していて、この計画を聞いた段階で楽しみにしていたところでした。
当日、低・中・高の3つにわかれ、各フロアーで朝の読書タイムの時間帯に実施。
思った通り、上学年の子が生き生きと読み聞かせをし、下学年の子が目をらんらんと輝かせながら聞き入っていました。
この活動を通して、読書の世界に浸ると共に、上級生・下級生の心の触れ合いの場にもなり、大変印象に残る時間でした。

「交流読み聞かせ 懸命に読み聞かせするお兄さん・お姉さんを見つめる目に 青葉で学ぶ子らの幸せ感じ 心のふれあいを喜んだ読書タイムかな」

○20190610交流読み聞かせ 020.JPG

○20190610交流読み聞かせ 038.JPG
青葉っ子の元気な声が国分の街にこだまする〜国分夏祭り [2019年07月15日(Mon)]
数日前からの雨予報。そして、当日も警報解除になるまで、やきもきした国分夏祭りの子供御輿参加。

本校は、毎年、5年生の親子レクとしての参加。
先日から当日まで、学級役員の方々を中心にいろいろと準備されていました。
そして当日も、PTA会長と私、そして教頭先生と密に連絡を取りながらの天候・参加判断。

いよいよ「子供御輿」のスタート。
保護者やPTA会長・親父の会のメンバー・担任やその他の職員に見守られ、御輿が勢いよく繰り出しました。
練り歩く中、青葉の子らの元気な「ワッショイ・ワッショイ」「青葉!青葉!」の掛け声が 国分の街に鳴り響きました。
毎年、参加している5年生の子供たちにとって思い出に残る夏になったことと思います。
練り歩いている途中や終わった後、「校長先生どうぞ」と麦茶やその他の飲み物を持って来てくれた子供もいて嬉しくなることでした。
御輿を練り歩き終わって、子供たちに聞くと、「楽しかった!」の一言。満足げな子供たちの顔が印象深く残った夏祭り子どもみこしでした。
ここ霧島国分の地で子供たちと一緒に御輿を練り歩くことが出来て私も有難かったです。
中心となって動かれたお二人の委員長さん・5年保護者の係の方・青葉小親父の会・PTA役員の皆さんありがとうございました。

「青葉っ子の威勢のよい おみこしわっしょいと まわりから応援する保護者・親父の会に支えられ 今年も又 青葉の子らの未来につなぐ故郷の思い出が 爽やかな風となり 国分の街に響き渡った日」

20190711 009.JPG

○20190714国分夏祭り(5年御輿担ぎ・親父の会サポート) 018.JPG

○20190714国分夏祭り(5年御輿担ぎ・親父の会サポート) 026.JPG

○20190714国分夏祭り(5年御輿担ぎ・親父の会サポート) 028.JPG

○20190714国分夏祭り(5年御輿担ぎ・親父の会サポート) 029.JPG
止上神社にて〜子らの健やかな成長を願って [2019年07月13日(Sat)]
学校は「地域あっての学校」と思っています。地域の皆さんのさまざまご理解・ご協力・ご支援あっての学校です。

そして地域には、それぞれに昔から伝わる伝統行事や習わしもあります。そうした中、4月に本校に赴任した時、本校の行事関係で聞いたのが、「止上神社」という名称。本校の子供が所属する子ども神舞保存会「心結」が止上神社で奉納舞をすると聞いたのです。

さて、私は、4月に赴任してまだ校区のことを十分把握していないということもあって、また自分の健康づくりのため、帰宅時(徒歩通勤)は校区内をコースを変えて帰っています。
先々月5月のとある日の夕方、学校から徒歩で帰宅する方向を重久公民館方面にした日、さらに先に「止上神社」があることに気が付きました。その日は時間も少し遅かったので、翌日もう一度、今度は「止上神社」をめざして歩いていきました。

止上神社近くまできて、道路わきの看板に気が付きました。
「歩育 ここからは青葉小学校まで歩いていきましょう」
感心しました。学校でこの5月のPTA総会でも「歩育」のことをお願いしましたが、この看板に大変感心したのです。こうやって関係の皆さんの協力で「歩育」を進めることに感謝します。

さて、その看板のすぐ先に「止上神社」はありました。鳥居をくぐってすぐ右手に当時の国分市教育委員会の説明看板があり、詳しくその歴史を知ることができました。そしてさらに進んで境内の広場を見て、「ここで奉納舞が舞われるのだなぁ」と、これまで勤務してきた地でのさまざまな奉納舞のことを思い出し、感慨にふけることでした。そのあとは、「青葉小の子供たちが健やかに成長しますように」と祈って、神社を後にしました。

「育千年の歴史の流れの中 この地に建てられた止上神社にて 子らの奉納舞を思い浮かべ 伝統を大事にしたい そしてまた ここ青葉の子らの成長を願った月明かりの帰り道かな」

IMG_2720.JPG
家庭科の学びを家庭で実践 [2019年07月12日(Fri)]
先々月のことでしたが、いつもの校内巡視で校内を回っていたとき、ある学級の子供たち一人一人の掲示物に料理の写真があるのに気付きました。

近づいてみると、家庭科の授業で実習したことを、家庭に帰って、家で料理作りに挑戦したもののようでした。
家庭での料理作りについて、子ども自身の記述に加えて、保護者からのコメントもあり、きっと親子で楽しく料理作りの場を設けたんだろうなぁとほほえましく思うことでした。

本校には、子供たちが自分で弁当をつくる「お弁当の日」があります。
この取り組みもまた親子のコミュニケーションの場になるようで、食育としても良い取り組みだと思うことでした。

「家庭実習の料理写真に 親子の会話を思い描き かつて自分が料理を創り出した日を思い出す」

20190514家庭科料理を家庭で 004.JPG



胸うたれて感動〜子供たちの歌声「虹」に [2019年07月11日(Thu)]
先月6月8日(土)の土曜授業での児童集会でのことです。

学校によって児童集会のやり方は様々ですが、本校では、全校児童が体育館に集まって実施します。流れは、「@朝のあいさつ、A今月の歌、B学年の発表、C委員会の発表、D先生方から」となっています。

総務委員会の児童が緊張する中にも進行カードに沿ってアナウンス。
この日の学年発表の5年生や保健委員会・生活委員会のお知らせ・お願い等、それぞれが準備・練習していたものを一生懸命発表していました。

さて、その中で、何気に聞いていて思わず胸にじーんときたものがありました。
それは、全校児童で歌った今月の歌「虹」です。

 庭のシャベルが一日濡れて
 雨が上がってくしゃみを一つ
 雲が流れて光がさして
 見上げてみれば
 ラララ にじがにじが
 空にかかって
 君の君の気分も晴れて
 きっと明日はいい天気
 きっと明日はいい天気

子供たちが歌った一番の澄み切った歌声に、胸うたれたのでした。
音楽担当のK教諭に聞くと「今月の歌」とのこと。子供たちのステキな歌声が、その日の朝も教室から、校長室まで届いていました。

最近虹をみたことがないなと思いながら、この青葉の田園地帯にかかる虹の姿を思い浮かべながら、子供たちの素晴らしい歌声に感動しました。
そして、想ったこと。「この青葉の子らとの出逢いを大切にして この子供たちの健やかな成長のために力を尽くそう」と。

「出逢いの歌に感動し 改めて誓ったあの日の歌声 子らの学びに関われる幸せよ」

20190608 003.JPG

20190608 005.JPG





 
ほほえみ返し〜「ありがとうございます」に [2019年07月10日(Wed)]
いつもの朝の登校指導中のことです。本校の子供たちの登校時の「おはようございます」の声に、学校生活を楽しんでいる様子が伺え、うれしく思っている毎日です。

そうした中のとある日、中学年のある女の子が、横断歩道を渡り終わって、旗をもって誘導していた私の方にくるっと向きを変えて、「ありがとうございます」と言いながら、横断歩道の安全な歩行を誘導してくれたことに対してのお礼の挨拶をしたのです。

子供たちには横断歩道で止まってくださった車にはお礼をしましょうということを、4月の交通安全教室やその後の実際の横断時には繰り返し指導していましたが、横断歩道を渡してくれた方々への挨拶については特に何も言っていない中での出来事でした。

思わぬ挨拶にこちらもうれしくなって「ありがとう」と返したのでした。きっと、普段から家庭でも挨拶の大事さについて保護者が話してくださっているのだろうと嬉しくなることでした。その日の職員朝会では、さっそくうれしかった出来事として職員に紹介したところでした。

「ありがとうございます つたえて広がる ほほえ返し 子らの成長を温かく見守る家庭の姿が目に浮かんだ朝かな」

IMG_2612.JPG
お見事〜担任の指導有ってこそ [2019年07月09日(Tue)]
「うーん、見事だ。担任の日頃からの指導有ってのことだなぁ」と嬉しくなった出来事。

それは、いつもの校内(授業)巡視で回っていたときのことでした。専科の授業等で子供たちが教室にいなかった6年生・4年生・1年生のクラス。その3クラス共に、子供たちがいない教室が整然とした雰囲気を醸し出していたのです。
 というのは、「教室を空ける時、椅子をきちんと机の下に入れてあったこと」です。
机の下に椅子をきちんと入れるということは当たり前のことと言えば当たり前のことですが、子供たちの中にはそういった習慣が付いていない子もいるというのが、これまで経験してきたことです。そうした中、3つのクラスで「お見事」と思ったのは、4月以降、担任の指導が継続的に行われているのだろうと感心する事しきりでした。

こうして学校においては、子供たちに学習。生活の決まりを発達の段階に応じて身に付けさせているのです。このことは、家庭での躾も同様です。例えば、自分の勉強机があれば椅子をきちんと入れる、自宅の玄関で靴を揃える、食事時に感謝の気持ちをもって挨拶する、片付けをきちんとする、時間を守るなど、学校と同じように家庭でも子供たちに繰り返し働きかけることが大事かと思います。

「整然と並んだ机・椅子に 子らの指導を任せている担任の繰り返しの姿が目に浮かび やがて大人になり社会に出て行く子供たちの 社会人としての姿が目に浮かんだ日」

IMG_2718.JPG

NIE〜新聞活用の学び [2019年07月08日(Mon)]
5月の事でしたが、児童玄関入り口の「青葉っ子ギャラリー」に何やら子供たちの学習したものがずらっと掲示してありました。

学校に来られた方は既に観られたかと思いますが、5年生が国語の学習で、自分が気になった新聞を選んで、その記事についてのコメントを書いたものでした。
子供たち、いろいろな記事を選んでいて、それぞれに感じたことを上手に書いて伝えています。

丁度6月になってから南日本新聞本社のNIE担当の方が来校されていて、この新聞記事を活用した学修成果の掲示物をみて頂きました。この方も「子供たちが選んだ記事はいろいろちがいますねぇ」と「いい感想をかいていますね」と述べていました。

本校は新聞を活用したNIE教育の実践校の指定を受けて、今年度から取り組んでいます。各社の新聞記事も、2・3階の各コーナーにおいて、子供たちがいつでも見れるようにしています。
まだまだ実践は始まったばかりですが、子供たちが新聞活用を通してどんな学びをするのか楽しみにしているところです。

「新聞記事に感想書いて その子の感性が分かる 青葉っ子ギャラリーの掲示に 個性がきらりきらりと光ってる」

20190604 002.JPG
「協働チーム青葉小」の姿に〜市教育委員会学校訪問を終えて [2019年07月05日(Fri)]
先月6月27日(月)に、市教育委員会の学校訪問がありました。
訪問されたのは、教育長をはじめとした教育委員・指導監・指導主事の方々。

訪問用資料等も準備し、学校経営説明・質疑応答及び指導。
学校経営説明では、ホームページの学校経営のページにリンクを張ってある「2019年度のスタートに当たって」(4月3日の職員会議で職員に語った私の経営理念)等を使って、こんな学校にしたいという私の思いを説明しました。

その後、当日は全担任・専科教諭の授業参観を実施。職員は、事前に授業についての指導案を作成して授業に望みました。事前に職員に話したのは、授業参観時、子供たちのよさがたくさん発揮できる授業にしてほしいということ。

市教委の方々からは、学習のめあてとまとめの整合性がよくとれた授業であることや子供たちが落ち着いて集中している授業であること、休み時間に次の授業教室に整列して移動する姿が素晴らしいということ、学校の教育環境が整理整頓・掲示物等も子供たちに働きかけるよい教育環境になっていていてとても素晴らしいと、たくさん褒めて頂きました。また、お互いの授業相互参観等を通して、他の職員も見て欲しい素晴らしい授業であることなどの賞賛の声をいただきました。

この中で、授業と連動した「授業連動型の家庭学習」(霧島市教委推奨)を更に積極的に進めて欲しいというお声も頂いたところです。PTA総会でもこのことに触れてお願いしたところでしたが、「授業連動型家庭学習」への御理解と、各御家庭での家庭学習の見届け等、よろしくお願いします。

「子らの生き生きとした学びの姿となるよう教育環境を整えた職員と子供たちを 市教委訪問で見て頂けたうれしさよ これも協働チーム青葉小の職員のお陰と感謝した日かな」

20190627市教委学校訪問 002.JPG

20190627市教委学校訪問 004.JPG
Posted by 松元 at 00:00 | 校長室より | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ