CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

fxwill.com
<< 2015年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール

熱帯海洋生態研究振興財団さんの画像

***AMSLよりお知らせ***
CANPANブログのリニューアルに伴いまして停止しておりましたコメント欄を復活いたします。
コメントは承認制とさせていただきますのでご了承ください。
アムスルだより [2015年05月11日(Mon)]
まだ梅雨入り前だというのに
沖縄には季節外れの台風が近づいていますね。
そんな沖縄阿嘉島から新しいアムスルだよりが届きました。

アムスルだより133号
かかあ天下?の魚  −魚の性転換2:クマノミの仲間−


今年もそろそろサンゴの産卵の季節がやってきます。
Posted by アムスル at 15:13 | 活動 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2014年度成果物のお知らせ [2015年03月31日(Tue)]
機関誌「みどりいし」26号を発行いたしましたので
お知らせいたします。
アムスルだより [2015年03月17日(Tue)]

あたらしいアムスルだよりができました。

アムスルだより132号

クラゲに乗って
−セミエビのフィロゾーマ幼生−

海の中にはたくさんの生き物が暮らしていますが、
アチコチに動き回る生き物、一か所にジッとしている生き物と様々です。

動き回る方法も色々なようで、自分で泳いだり波に漂ってみたり
はたまた他の生き物に運んでもらったり e.t.c....

さて、セミエビのフィロゾーマ幼生の移動方法は?

Posted by アムスル at 10:32 | 活動 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
アムスルだより [2015年01月20日(Tue)]
今年もみなさんにとって良い1年になりますように。

そんなねがいを込めた新しいアムスルだよりが届きました。

アムスルだより131号

波にゆられて一年間 −イセエビ・セミエビの幼生−

前回もとりあげたイセエビですが、人の手で養殖をするのは大変なようです。
当たり前のように生き物が産まれ、育つ環境になっている自然環境の凄さが
分かりますね。

Posted by アムスル at 10:23 | 活動 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
アムスルだより [2014年11月12日(Wed)]
急に寒い日が増えましたが、
みなさま風邪などひいていませんか?

新しいアムスルだよりが届きました。

アムスルだより130号

ひげで種類を見分けよう −カノコイセエビ−

日本では鯛の尾頭付きと同様、お祝いの席で見かけますね。
この「イセエビ」にもいくつか種類があるようです。
お正月にイセエビを食べる予定のある方は必見?です。

Posted by アムスル at 14:38 | 活動 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
アムスルだより [2014年09月11日(Thu)]
暑い暑い夏が過ぎたと思ったら、日本中で大雨の被害が出ています。
被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。
まだしばらく不安定な天気が続くようですので
みなさまくれぐれも気を付けてお過ごしください。

あたらしいアムスルだよりが沖縄から届きました。

アムスルだより129号
手をつないでデート −ヒメアンドンクラゲ−

クラゲといえば幻想的に水中をフワフワただよっているイメージしか
浮かばない人も多いかと思いますが、色々観察してみると
ユニークな繁殖方法をとる種類がいることもわかるようです。
Posted by アムスル at 12:33 | 活動 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
アムスルだより [2014年07月11日(Fri)]
7月としては珍しく大型の台風8号が通り過ぎた
沖縄から新しいアムスルだよりが届きました。

アムスルだより128号
今回はナマコやヒトデといった"棘皮(きょくひ)動物"の繁殖について
説明しています。
タイトルはズバリ『ナマコ、立ち上がる』です!

それにしてもナマコってこんな姿を見せるものなのですね・・・

Posted by アムスル at 15:08 | 活動 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
サンゴの産卵確認しました [2014年06月16日(Mon)]
国立公園に指定されて初めてのサンゴの産卵が今年も確認されたようです。
この辺りは満月から2-3日後ろにずれることが多いですが
今年も6/13(満月)から2日後の6/15でした。

研究所のお隣の阿嘉小学校では、産卵観察会が開かれました。

この様子は、もしかしたら・・・・
スーパーひとしくんが紹介してくれるかもしれません!

サンゴ勉強会 [2014年05月19日(Mon)]
毎年行われているサンゴ産卵観察会を控えて
事前に勉強会が行われました。
参加者は阿嘉小学校の5-6年生3名。

140519-03.jpg

みんなで一生懸命サンゴについての話を聞いたり
実際のサンゴの標本を見た後には

「プラヌラ幼生はどのくらいのスピードで泳ぐの?」
「プラヌラ幼生が着床するのに適している場所は?」
「サンゴはどのくらいで大人になるの?」

こんな質問が出たそうです。

140519-02.jpg

140519-01.jpg

5月は条件が揃わずに観察会は開かれませんでしたが、
来月には慶良間国立公園での産卵が
見れるのではないでしょうか。楽しみですね。
Posted by アムスル at 12:11 | 活動 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
アムスルだより [2014年05月13日(Tue)]
GWも明けて梅雨に突入した阿嘉島から
あたらしいアムスルだよりが届きました。

アムスルだより127号
しっぽの色がポイント
−魚の性転換1:ルリスズメダイ−
海の中でよく見かける魚の秘密を解説しています。

Posted by アムスル at 14:31 | 活動 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ