CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2011年04月 | Main
npoamistadをフォローしましょう にほんブログ村 その他生活ブログ NPO・NGOへ
にほんブログ村 にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ http://blog.canpan.info/amistad/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/amistad/index2_0.xml
オンライン寄付サイト Give One イマジーン 〜インターネット募金〜
<< 2011年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
他人事ではないタイのエイズ寺 [2011年05月11日(Wed)]



先日書いたブログの記事ですが、お寺の名前はプラバートナムプ寺といいます。
住職のアロンゴットさんは、日本のドキュメンタリーでも出たことがあるので、知っている方もいるでしょう。

アロンゴット住職は、タイ中を回って、寄付を募っています。タイの街中で住職の顔写真が載っているポスターを見ることもあります。

お寺は、18年くらい前から、エイズ患者を引き取って看病をしています。
大人もいますが、エイズにかかってしまった子どもたちもここに引き取られています。
運営費用は、政府からの寄付と支援者からの寄付で賄うのですが、運営費用は月に三百万バーツ近くかかるといいます。
政府からは、月に十万バーツ程度の支援だそうで、住職が積極的に寄付を募ることで、なんとか運営しているということでした。

アロンゴット住職は、海外の大学で学位を取るほどの方ですが、自ら托鉢を持って寄付のお願いに行く姿は、すごいと思いました。
人によっては、このお寺について批判もあると聞いています。

しかし、実際に訪れた感想は、見捨てられてあとは死を待つだけの人たちが、最後は誰かにみとられて亡くなる場所だという現実です。

さっき、ちょうどラジオを聞いていたとき、
こんなメッセージが流れていました。

北米のあるネイティブアメリカンの言い伝えには、もしも他人のことについてなにも関心を持たなくなったり、だれかに忘れられてしまうと、自分の姿も消えてしまうというのがあるそうです。鏡をみて、自分の姿をはっきりみることができるというのは、まだだれかに心配してもらっているということ、自分も他人を見捨てていないという意味なんだとか。

アロンゴット住職は、存在感たっぷりでした。

自分の顔も鏡でよく見てみるとしましょうか。


にほんブログ村 その他生活ブログ NPO・NGOへ
にほんブログ村
にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
試合パンフレットができました [2011年05月11日(Wed)]


志朗の試合が今週あります。
5月15日、後楽園ホールにて、第8試合が志朗です。

今回、会場で販売されるパンフレットですが、初めて大きく取り上げられました。
プロ第5戦目、現在バンタム級3位。タイトルマッチへの前哨戦となる試合です。

今まで、比較的年齢の違う選手との対戦が多かった、志朗。
今度は、初めての同じ世代との闘いになります。

試合の後は、勝手も負けても宮城県石巻市へと行きます。
チケットの売り上げ、ファイティングマネー、激励賞の賞金すべてを石巻市の社会福祉協会へ寄付するのですが、自分にできる手伝いをしたいと考えています。

宮城県には、志朗の試合にいつも来てくれていたセコンドの方います。
あの震災で、幸いにご家族はご無事でしたが、被災した現実は重いといいます。
志朗の成長を見守ってくれた方たちに、よい試合を見せることができるようにと
最終の練習にも気合が入ります。



にほんブログ村 その他生活ブログ NPO・NGOへ
にほんブログ村
にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
| 次へ