CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2011年04月 | Main
npoamistadをフォローしましょう にほんブログ村 その他生活ブログ NPO・NGOへ
にほんブログ村 にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ http://blog.canpan.info/amistad/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/amistad/index2_0.xml
オンライン寄付サイト Give One イマジーン 〜インターネット募金〜
<< 2011年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
キックボクサー志朗試合前インタビューが掲載されました [2011年05月09日(Mon)]




5月15日は、東京後楽園ホールにて、志朗のセミタイトルマッチがあります。
今回の試合に勝てば、日本バンタム級の王者をかけた戦いに進むことができます。

チケットの売り上げや、ファイティングマネー、激励賞の賞金のすべては、宮城県の石巻市にある社会福祉協会へと寄付いたします。





にほんブログ村 その他生活ブログ NPO・NGOへ
にほんブログ村
にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
タイのHIV事情 [2011年05月09日(Mon)]


パヤタイ・ベビー・ホームの赤ちゃん


在タイの日本大使館のHPによると・・・
1984年から2007年までのHIVに感染しているタイの人は、累計で約32万人。
そのうち、9万人弱の人が亡くなっています。

もっとも感染者数が多い世代は、20歳から39歳までの年齢層が一番多く、中でも30歳から34歳の人たちが高い割合だそうです。子0歳から14歳までは、0.33%といいます。
職業でみると、性産業に携わっている人は、4.47%、驚くのは主婦が4.12%であり、もっとも多いのは、労務者の44.5%であり、続いて農夫20.61%です。

ここから1984年から1995年までの感染者は4万5千人、死亡者は1万2千人でしたが、2006年のデータでは、1万5千人の感染者数に対して、死亡したのは2500人でした。
爆発的な感染者数の増加に危機感を持ったタイ政府が、本気でHIVの対策に取り組んだ結果、発症人数と死亡者数を抑えることができたのでしょう。

タイでは、政府によってHIV患者に対して、治療薬を無料で提供したり、生活費を支援するなどの対策を講じてきたようですが、現在では予算の削減や財政上の問題から、無料で治療を受けられる人たちは限られています。

パヤタイ・ベビー・ホームのように、HIVに感染した子どもたちを預かっている孤児院に聞くと、こうした治療費が高価であり、支給が十分でないとのことでした。

現在HIVを防ぐための教育は、タイで行われています。
子どもの感染で最も多い、母子感染も、対応次第で子どもの感染率を減らすことができます。
親がAIDSになったため、亡くなったり子どもの面倒をみれないなどして、子どもが孤児になるケース、自身が親から感染させられてしまった赤ちゃんたち。

パヤタイ・ベビー・ホームでは、無邪気に遊ぶ赤ちゃんたちにも、HIVに感染している子どもたちがいます。治療をうけられない赤ちゃんの、進行は早く次に会いにいったときに、亡くなってしまうことも珍しくありません。

悲しい現実です。



にほんブログ村 その他生活ブログ NPO・NGOへ
にほんブログ村
にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
| 次へ